logo

3PAR 「Nearline for Online」 を発表

オンライン・アプリケーション用のコスト効率に優れたエンタープライズ・クラス SATA 構成をサポートするソリューション

3PARは、コスト効率に優れたストレージへの革新的なアプローチとして「Nearline for Online」を発表。お客様は、3PAR Nearline for Online を使用することにより、通常であればプレミアム・ファイバー・チャンネル容量を必要とする要件の厳しいオンライン・アプリケーションも含め、あらゆるアプリケーションで従来のニアライン・ドライブ (大容量、低コストのエンタープライズ・クラス SATA) を利用が可能。Nearline for Online により、3PAR ユーティリティ・ストレージのお客様は、大規模拡張可能な単一の統合型システムでニアライン・ディスク・ドライブ・テクノロジーのみを用いて、オンラインおよびニアライン両方のアプリケーションに対するサービス・レベル要件を満たすことができる。

従来のストレージ・システムでは、通常、プレミアム・ファイバー・チャンネル・ドライブは「オンライン」アプリケーション用に使用され、エンタープライズ・クラスの SATA ドライブは、要件がさほど厳しくない「ニアライン」アプリケーション (たとえば、アーカイブ、バックアップ、低コストのレプリケーション) 用に使用される。3PAR の Nearline for Online により、お客様はオンラインとニアライン両方のアプリケーション用に、コスト効率に優れたニアライン・ドライブのみを安心して配備することができ、いっそうのコスト最適化を図ることができる。

3PAR Nearline for Online には、3PAR ユーティリティ・ストレージが持つ以下のようなテクノロジーのメリットが活かされている。

■目標達成型仮想化ストレージ・プラットフォーム
3PAR ユーティリティ・ストレージは、搭載されたすべてのエンタープライズ・クラス SATA ドライブにわたる幅広いデータ・ストライピングを行うことにより、予測可能な高いパフォーマンス・レベルを達成できるように設計されている。その結果、コスト効率の良いニアライン・ドライブでもオンライン・アプリケーションの高パフォーマンスを実現できる。

■階層型ストレージ・アレイ内でのニアライン・ドライブ・テクノロジーのサポート
3PAR のニアライン・ドライブ・テクノロジーのサポートは、容量のコスト効率の向上と、従来の SATA ベース・アレイ・テクノロジーよりも高い信頼性レベルとをもたらす。3PAR のニアライン・ドライブ・テクノロジーは、146GB FC ドライブ、400GB FC ドライブ、および 750GB エンタープライズ・クラス SATA ドライブを含む、広範な価格・パフォーマンス階層をサポートする仮想化プラットフォーム上に構築されている。多くのお客様が引き続き単一の 3PAR InServ ストレージ・サーバー内に複数階層を混在させている中で、ニアラインの導入率は著しく増加した。

■Rapid RAID Rebuild
ドライブ障害が発生した場合、InServ ストレージ・サーバーは大規模に並列化され高度に仮想化された設計を活用して、迅速かつインテリジェントに RAID 保護を再構築する。3PAR Rapid RAID Rebuild は、(障害が発生したドライブ全体の容量ではなく) 破損した使用済み「チャンクレット」のみを再構築の対象とし、広範なドライブ群に分散配置された関連「RAID化チャンクレット」からデータを取得する。このため、単一ドライブではなく、すべてのドライブに広く分散するグローバルな予備チャンクレットのプールに対して、データ再構築が可能となる。その結果 RAID化チャンクレットは、稼動アプリケーションの高いパフォーマンスを維持しながら、完全に保護された状態に迅速に戻される。

お客様は、InServ ストレージ・サーバーに本来備わっている階層型ストレージ機能を使用して、ファイバー・チャンネルおよびニアライン・ドライブ容量の両方を同一システム内に構成できるため、複数のデータ・サービス・レベル (パフォーマンス、可用性、コスト) に適合させながらアプリケーションを統合することが可能。内部的な階層化は、多くの環境では依然として最適なソリューションとなっており、3PAR が提供する製品やサービスの重要なコンポーネントでもある。3PARは、パフォーマンスと容量密度の要件に基づいて、お客様の環境に合った適切なテクノロジーおよび構成を決定する支援をする。また、お客様は 3PAR Dynamic Optimization により、サービスを中断することなく、必要に応じてコマンド 1 つでニアラインおよびファイバー・チャンネル・ストレージ階層全域でデータ・サービス・レベルを変換することが可能。

【本件に関するお問い合わせ先】

会社名3PAR株式会社
担当清水
TEL03-5269-1038

関連情報
http://www.3par.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。