logo

 CX(商品先物取引)の新規契約拡大に「ネットマイル」を導入開始-東京コムウェル(株)

東京コムウェル株式会社(本社:東京都豊島区、社長:手塚宏二)は3月11日(火)より
CX(商品先物取引)の新規契約拡大に、約400万人が参加する日本最大級のインターネット共通ポイントサービス「ネットマイル」の導入を開始した。
 いま、世界中の投資家の注目を集める原油、貴金属さらに穀物まで。日本の2大市場TOCOM,TGEと直結する東京コムウェルは、CXトレードの普及を一気に押し進めることを狙う。

株式市場の低迷とドル安が進むなかで、高騰の続く原油、貴金属、そしてコーンを初めとする穀物。BRICsを初めとする新興国の経済発展に伴い、世界中で商品争奪戦が始まり、投資資金がCXに向かっている。

一方大阪堂島米会所に端を発し世界に先駆けた歴史をもつ日本の商品先物市場は、ここまで独り取り残され低迷を続けてきている。世界中の商品市場が活況を呈する中で、日本においては、ようやく資金の一部をCX市場で運用する年金が出始めた程度である。

 日本の2大市場TOCOM,TGEと 直結しCXオンライントレードNo1の評価を得ている東京コムウェルは、CXトレード普及、拡大を目指し、約400万人が参加する「ネットマイル」の導入を開始した。

 東京コムウェルの「トレードセンター・アルティメット」がCXトレードで導入した「損益限定取引」、「トリプル注文」は最新のリスク管理を実現。 TGE直結の20本気配値もいち早く導入。時代をリードする東京コムウェルの「トレードセンター・アルティメット」はCXオンライントレード比較で 定評のある「FactualFutures」の調べで2008.3.11日現在、No1評価を獲得中。
 今回の「ネットマイル」導入により、CXトレードの認知度向上と、CXに目を向けはじめた投資家の取り込みを目指す。



■会社概要
会社名 : 東京コムウェル株式会社
URL : リンク
代表者 : 手塚 宏二 設立 : 昭和42年 設立
資本金 : 10億1,570万円
事業内容 : ・経済産業省・農林水産省各主務大臣許可による総合商品先物取引員 ・商品取引所上場商品の売買及び受託業務、それらに関わる国内外の 商品市況情報提供サービス ・商品ファンドの販売  ・保険事業






■お問い合わせ先
東京コムウェル(株)IT推進部
薄田(ウスダ)
電話:03-5965-1118(内線703)
FAX:03-5965-1689
e-mail:scc.usd@tcwnet.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事