logo

ノーテル、滋賀医科大学医学部附属病院の患者ケア向上を支援するネットワーク・システムを構築

ノンストップかつセキュリティの高いイーサネット・ネットワークによって診療情報をタイムリーに入手可能に

ノーテルネットワークス株式会社*(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平松敏之、以下、ノーテル)は本日、滋賀医科大学医学部附属病院の病院情報管理システムの電子化およびオンライン化の推進に伴い、同病院のコア・ネットワークの拡充に、ノーテルのイーサネット・ソリューションを導入したと発表しました。ネットワークの高速化により、同病院の医師および医療スタッフは、重要な患者情報に迅速かつ確実にアクセスすることが可能となります。

約600床を有する滋賀医科大学医学部附属病院は、教育機関として患者とその家族が心から安心できる環境と医療を実践できる医師と看護師の養成に努めており、2007年には腫瘍センターの開設をはじめとする新たな専門施設の開設が行われました。同病院では、医師や医療スタッフが協力して患者ケアを実践していくために、以前から電子化およびオンライン化を進め、診療系、看護系、各中央部門系、医療事務系などにおいて、患者のカルテ、レントゲン写真や薬の処方箋情報、診断記録などの医療データのデジタル化により医療者間の情報共有を行ってきました。オンライン化による業務フローの変化と情報量の増加により、病院情報管理システムがますます活用されるようになりました。結果としてこれらのネットワーク上を流れる情報量が増大し、ネットワークに接続可能なあらゆるものがネットワークに組み込まれるハイパーコネクティビティーの実現が求められていました。


今回、滋賀医科大学医学部附属病院が利用するネットワークの伝送速度と可用性を高めるために、ノーテルのイーサネット・ソリューションが選択されました。高速のスイッチを導入してコア・ネットワークの拡張を図ることで、利用可能な帯域幅の拡大、ネットワークの常時可用性の確保、ならびに最も重要なデータが必要なときに迅速に入手可能となるようなQoS設定が可能となりました。


滋賀医科大学医学部附属病院の医療情報部副部長(兼)准教授 杉本喜久氏は次のように述べています。「一刻を争う状況下における的確な治療の提供は、医療情報ネットワークの堅牢性に加え、X線診断装置などの画像や動画などの大量の情報に瞬時にアクセスできるかどうかにかかっています。ノーテルのイーサネット・ソリューションが提供するSMLT(Split Multi-Link Trunking) の技術によって、あらゆる種類の情報を、医療スタッフの必要に応じて、より迅速かつ確実に提供できるようになりました。結果として、治療にあたる医療スタッフ同士が協力しやすくなり、患者ケアの向上につながると考えています。」


ノーテル日本法人 代表取締役社長 平松 敏之は、「情報ベースの診断および治療システムの導入が進むにつれ、ミッションクリティカルな病院ネットワークには新たなレベルの速度と信頼性という課題が生まれています。医療スタッフがこのような診断・治療システムからの情報を得るために病院ネットワークにますます依存するようになるにつれ、病院はハイパーコネクティビティーによるメリットを享受すると同時に、そのような課題にも直面しています。当社のイーサネット・ソリューションによってネットワーク全域での高速化を実現した滋賀医科大学医学部附属病院は、患者ケアを向上させると同時に、これらの課題に対処可能な容量を持つ、確実でセキュアなネットワークを構築したことになります」と述べています。


滋賀医科大学医学部附属病院のネットワークは、コア・スイッチに最大384個のギガビットポート(または24個の10ギガビットポート)を提供可能なハイエンドのスイッチEthernet Routing Switch 8600 (ERS8600) シリーズを採用しています。ERS8600シリーズは幅広いQoS設定機能を持ち、ノーテルが開発し、業界標準化を進めている先進の冗長化技術SMLTによって、ネットワークの無停止運用が可能となっています。今回のネットワークの構築は、富士ゼロックス京都株式会社および富士ゼロックス株式会社の協力により行われました。


ヘルスケア事業者は厳しさを増すヘルスケアの現場の中で患者へのケアを向上するため、ノーテルが提供するユニファイド・コミュニケーション技術に基づく画期的なヘルスケア・ソリューションによって、貴重な時間を節約し、患者ケアの改善に向けた生産性向上を実現しています。ノーテルのヘルスケア・ソリューションは臨床での使用に耐えるグレードのネットワークによって臨床医師と患者ケアのプロセスとを互いに結ぶほか、電子カルテや画像データの維持と配布も行います。ノーテルはまた、ヘルスケア事業者を対象にコンサルティング、応用、導入、サポート、管理サービスも提供しています。


ノーテル・ヘルスケア・ソリューションによる最近の導入事例には、フロリダ州オーランドのM. D. Anderson Cancer Center Orlandoの医師との協力により開発された患者退院システムがあります。また、ミシシッピ州ガルフポートのMemorial Hospital向けに、アセット・トラッキング・アンド・マネージメント・ソリューションとコラボラティブ・クリニック・ソリューションも導入しました。


Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。


当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。