logo

「2008年の携帯電話市場‘液晶の大型化’が新たなトレンドとなるか」無料レポートを発表

ROAGroupの最新無料レポート

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業のROAGroup(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「2008年の携帯電話市場‘液晶の大型化’が新たなトレンドとなるか」の無料レポートを発表しました。

●報告書の概要●

2007年に続いて2008年も、端末メーカーのデザイントレンドは大画面液晶、そしてよりスリムなデザインを採用する方向へと進んでいくことが予想される。本コラムでは、最新の端末傾向が把握できる韓国の動向やその市場をまとめ、今後世界にも次第に広がるであろうそのトレンドを探りました。



●目次●

12008年の端末デザイントレンドは大画面液晶の採用が増加

2端末液晶の大型化、高画質化、薄型化がより一層加速
 2-12007年は2~2.2インチの液晶が主流へ
 2-23G端末の割合が拡大
 2-3安価な定額データ料金プランの登場によるデータサービスの活性化に期待
 2-4スマートフォンの拡大による液晶サイズの大型化が加速

3端末液晶は3インチの時代へ
 3-13インチ液晶の採用が拡大
 3-2メイン液晶にAMOLEDを採用した端末が本格的に登場するが限定的か?
 3-3大画面液晶の採用によって端末の薄型化に向けた技術競争が熾烈化
 3-4大画面液晶の普及によって、利便性の高いインプットデバイスの登場がデザインの差別化要素として浮上

図表目次

[図1]2007年の韓国国内発売モデルの液晶サイズ別の分類
[図2]2007年に発売された2.2インチ以上の液晶を採用した主な端末モデル
[図3]KDDIから発売されたサムスンSDIの2.8インチOLEDを搭載したモデル


次のURLから会員登録後に無料でご覧いただけます。

会員登録ページはこちら

URL:リンク


●会社概要●

社名    株式会社ROAGroup
所在地   東京都新宿区西新宿6-12-4コイトビル8階
Tel.03-3349-8071Fax.03-3349-8072
URLリンク
Emailresearch@researchonasia.com
その他支店:ソウル支社、上海支社
代表者   代表取締役社長李承勲 (SteveLee)
事業内容   受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野   アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業

●本プレスリリースについてのお問い合わせ●

株式会社ROAGroupレポート・マーケティングチーム 担当:李和美(リファミ)
Tel:03-3349-8071Email:report@researchonasia.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事