logo

システム運用管理ソリューション事業の譲受けに関するお知らせ

-ICTインフラソリューションの一貫提供体制を強化し、事業規模の拡大を目指す-

当社は、三井物産セキュアディレクション株式会社よりシステム運用管理ソリューション事業(HPSoftware事業)を譲受けることで、当社ICTインフラソリューションの一貫提供体制を拡充・強化いたします。

 当社と三井物産セキュアディレクション株式会社(以下、MBSD)は、当社がMBSDのシステム運用管理ソリューション事業を2008年4月1日をもって譲受けることで合意し、事業譲渡契約を締結しましたのでお知らせいたします。

1.事業譲受けの背景と今後の展開
 当社は、お客様のICTシステム導入に際し、インフラからアプリケーションにわたって、コンサルティングから設計・構築、運用・保守に至るソリューション/サービスを一貫してご提供しております。今般、MBSDよりシステム運用管理ソリューション事業を譲受けることで、当社ICTインフラソリューションの一貫提供体制を拡充・強化いたします。
 MBSDは、ネットワークやサーバ、PC等の統合運用管理を実現するHPSoftware(旧HPOpenView)ソリューションのHP認定プラチナパートナーとして、10年以上にわたり、システム運用管理ソリューション事業を展開しております。当社は、当該事業の譲受けによりICTインフラソリューションの一貫提供体制を強化し、インフラ導入・構築と運用管理ソリューションとを組み合わせお客様にご提供し、事業規模の拡大を目指します。また、2009年3月期からのJ-SOX法適用開始に伴い加速が見込まれているIT統制対応を支援するソリューションとして、当該事業を推進してまいります。

2.事業譲受けの内容
1)譲受け事業の概要
システム運用管理ツール「HPSoftware」の導入にまつわるコンサルティング、導入支援、ライセンス販売
2)譲受け事業の人員
28名(派遣社員を含む)
3)譲受け日
2008年4月1日付け(事業譲渡契約締結日:2008年2月28日)

3.業績に与える影響
本件が当社の連結及び個別の業績に与える影響は、軽微であります。

用語解説

【ご参考】
■三井物産セキュアディレクション株式会社の概要
代表者: 代表取締役社長大橋竜
所在地: 東京都千代田区
設立: 2001年3月
資本金: 4億円
株主: 三井物産株式会社(100%)
事業内容: 情報システムのセキュリティサービス及び運用管理サービスの企画・運営、関連製品の輸入・販売・サポート
従業員数: 110名(2007年7月1日現在)

以上

【本件お問い合わせ先】
三井情報株式会社経営企画室広報・IRグループ
TEL:03-5847-6037
Eメール:press@ml.mki.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事