logo

京大発ベンチャー、オープンソースCMSを公開

株式会社日本情報化農業研究所、デザイン性、機能性、使用の容易性を高次元で実現したCMS、「SOYCMS」の正規配布版のライセンス形態・リリース日程を決定いたしました。

人の協働に関するソフトウェア開発を行う京大発ベンチャー、株式会社日本情報
化農業研究所(京都市左京区 京都大学VBL)は、2月よりβ版を公開していた
「SOYCMS」の正式配布版について、3月17日からGPLならびにソース公開義務の
無い有償ライセンスによる配布を開始いたします。

人の協働に関するソフトウェア開発を行う京大発ベンチャー、株式会社日本情報
化農業研究所(京都市左京区 京都大学VBL)は、2月よりβ版を公開していた
「SOYCMS」の正式配布版について、3月17日からGPLならびにソース公開義務の
無い有償ライセンスによる配布を開始いたします。

SOYCMSは既存の小・中規模CMSが抱える、仕様上の制約により希望する表現を実
現できない、実現できるとしても大きなコストがかかる、操作の習得が困難であ
る、等の問題を解決し、中小規模のWebサイト制作プロジェクトの活性化を目的
として開発されたCMSです。

少しでも利用の裾野を広げられるようオープンソースでの公開に踏み切り、ま
た、商用利用ではサポートのニーズも存在することから、有償ライセンスならび
にサポートパックの提供をあわせて行うことといたしました。

<管理画面画像等>
公式サイト リンク
をご参照下さい。

<特徴>
・ページ単位の管理を行います。静的サイト設計そのままにCMS導入が可能です。

・記事単位の管理を行います。新着情報の追加の自動化や、記事埋込による複数
ページの一括更新などが可能です。

・テンプレートがほぼHTMLの形式であるため、ブラウザ及び各種編集ツールで開
くことができ、JavaScriptを多用したサイト、デザイン性の高いサイトの構築が
容易です。また、同規模のBlog型CMSと比較してHTMLをテンプレートに整型する
コストの90パーセント以上の削減が可能です。

・Blogが作成可能です。テンプレートはHTML同様に作成できるため、幅広いデザ
インに対応します。Blog以外の用途にも利用いただけます。

・「ダイナミック編集機能」の搭載により、記事およびCSSをプレビューから直
接編集することができます。


既存の小・中規模CMSに不満を感じているユーザ、Web制作業者、広告代理店だけ
でなく、既存のWebサイトにそのままCMSを導入するといった需要も見込んでお
り、2009年度末までに小規模CMSとしてシェア1位を目標にしております。

<動作環境>


下記の条件を満たすApacheサーバ

PHP5.2以降(モジュール版)が使用できること
SQLite2が使用できること
.htaccessが使用できること
mod_rewriteが有効であること

SQLite2以外のDBに対応するバージョンもニーズがあれば開発する予定です。

<ライセンス>
下記二種類のライセンスを予定しております。

GPLver.2
有償ライセンス52500円 サポート 3インシデントまで無料

<サポートパック>
エントリーコース
52500円/月 月間3インシデントまで対応

スタンダードコース
105000円/月 月間10インシデントまで対応

<法人概要>

名称  株式会社日本情報化農業研究所
所在地 京都市左京区吉田本町京都大学VBL2階
代表者 古莊貴司(ふるしょうたかし)
Webサイトリンク


<本件に関するお問い合わせ>

電話075-204-4823
FAX075-201-1332
担当 宮澤了祐(みやざわりょうすけ)

SOYCMS公式サイト リンク
SOYCMSお問い合わせメールアドレスsoycms@n-i-agroinformatics.com

関連情報
http://www.soycms.net/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事