logo

エアネット、ネットワーク脆弱性検査ツール「Retina」を標準導入

~最新の脆弱性情報に基づく対策強化でサービスのセキュリティを向上~

株式会社エアネット(本社:東京都品川区、代表取締役社長:井山大介、以下「エアネット」)は、エアネットが提供する「マネージド専用サーバサービス」をご利用のお客様を対象に、サービス基盤のセキュリティ強化策として、米国eEye Digital Security社製ネットワーク脆弱性検査ツール「Retina Network Security Scanner(以下「Retina」:レティナ)」を標準導入いたしました。

ネットワーク脆弱性検査ツールとは、ネットワーク上にて稼動するサーバやファイアウォールなどの設定が適切に行われているか、OSの障害修正用追加ファイル(セキュリティパッチ)が確実に適用されているか、といった脆弱性の有無について自動的に検査を行うシステムです。これまでの人的なチェック体制に加えて、システムによる二重のチェック体制を構築することで、常に最新のセキュリティ情報に基づいた脆弱性の検出と、従来以上に迅速なセキュリティ対策の実施が可能となります。

J-SOX法の施行を目前に控え、情報システムのアウトソーシング先が適切な情報管理体制のもとサービスを提供しているかを確認する必要性が高まってきております。今回の「Retina」導入は、お客様側からの運用事業者に対するセキュリティ強化のニーズに対応することを目的として実施いたしました。

「Retina」は、世界有数の脆弱性研究チームである「eEye Research Team」を編成し、数々のセキュリティホールの発見やOSの脆弱性に関するリサーチを行っている米国eEye Digital Security社(本社:米国カリフォルニア州)が開発したネットワーク脆弱性検査ツールで、国内では住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:阿部康行、以下「SCS」)が国内総販売代理店として取り扱いを行っております。

エアネットでは、「マネージド専用サーバサービス」において、企業のメールシステムやECサイト、Webプロモーションサイトなど、多様なサーバシステムを構築・運用いたしておりますが、「Retina」は対象機器にエージェントをインストールする必要がなく、検査対象に影響を与えずに完全非破壊にて検査を実施するため、既に稼働中のシステムを停止することなく、高精度な脆弱性検査が可能な環境を構築することができました。

本サービスは「マネージド専用サーバサービス」のお客様に対して標準サービスとして無償で提供されますが、ご希望のお客様に対しては、「Retina」による定期的な脆弱性検査レポートを有償にてご提供することも可能です。

エアネットでは、今後もSCSとの協力によりサービス基盤のセキュリティ向上に向けた取り組みを強化し、お客様に満足いただけるサービスのご提供に向けて努力してまいります。



<マネージド専用サーバサービスについて>
マネージド専用サーバサービスは、エアネットが堅牢なデータセンターにおいてお客様のシステムをカスタマイズにより構築し、安定的に運用するマネージドホスティングサービスです。安定運用の実現を最優先に、導入初期の段階から機器選定やシステム設計に関してサポートを行います。また、運用開始後は運用管理から監視・障害復旧対応までワンストップにて対応いたします。
リンク


<株式会社エアネットについて>
1.商号:株式会社エアネット
2.代表者:代表取締役社長 井山大介
3.所在地:東京都品川区北品川1-10-4 Y.B.ビル4F
4.資本金:1億500万円
5.主な事業内容:IPサービス事業
        SIサービス事業
6.URL:リンク


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社エアネット
IPサービスグループ
E-Mail:sales@air.ad.jp TEL:03-6717-5710


※記載された会社名および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

<ネットワーク脆弱性検査ツール「Retina」のレポート画面例>

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。