logo

仮想シンクライアントソリューション~新製品FogosPROStandardEdition販売開始

株式会社インテリジェントソフトウェアー 2008年02月27日 09時00分
From DreamNews

株式会社インテリジェントソフトウェアーは、指紋認証機能付きUSBメモリを利用して安全なデータ持ち出しや社外や自宅のPCで仕事をしてもデータを残さないように制御し、情報流出を防ぐ内部統制ソリューションである「FogosPROシリーズ」(フォゴスプロ)に新製品「FogosPROStandardEditionv.3.3」をラインナップし、2月29日から出荷開始します。

株式会社インテリジェントソフトウェアー(本社:東京都中央区、代表取締役長谷川堯一)は、指紋認証機能付きUSBメモリを利用して安全なデータ持ち出しや社外や自宅のPCで仕事をしてもデータを残さないように制御し、情報流出を防ぐ内部統制ソリューションである「FogosPROシリーズ」(フォゴスプロ:以下FogosPRO)に新製品「FogosPROStandardEditionv.3.3」をラインナップし、2月29日から販売開始します。


FogosPROStandardEditionv.3.3は大規模ユーザー向けにサーバー・クライアント環境で集中管理が可能なFogosPROEnterpriseEditionのセキュリティ機能は継承しつつ、システム環境を変更せずに手離れ良く導入できるシステムに仕上げました。大企業での部門導入や中小企業の導入に最適です。

FogosPROStandardEditionv.3.3の新発売を記念して、すぐに使える「FogosPROスターターパック」を特別価格でご購入いただける3月度期間限定キャンペーンを行います。従来、オプションのシングルサイオン機能も特別にお付けしてご提供します。


【FogosPROStandardEdition機能概要】


FogosPRO専用の指紋認証機能(またはパスワード認証機能)付きUSBメモリを、既存のWindowsPC(自宅や出張先のパソコン)に差し込んで使用します。FogosPRO専用USBメモリの指紋認証に成功すると、利用中のWindowsPCが、リブートすることなく、セキュアな仮想シンクライアント環境FogosPROMobileDesktopに切り替わります。


    FogosPROMobileDesktopに切り替わるイメージ図




FogosPROMobileDesktop上では、あらかじめ利用が許可されているアプリケーションのみを使い、専用USBメモリ上のファイルの編集作業を行うことができます。このとき、利用中のWindowsPCのハードディスクにアクセスすることはできず、データやファイルをハードディスクに残すことがありません。




あらかじめ登録されたPC(社内や学校内のセキュアなPC等)で利用する場合、指紋認証に成功したあとは、通常のUSBメモリと同様にデータを読み出し、書き込みが可能です(暗号化・複合化が自動的に行われるため、特別な操作は不要です)。




FogosPROの利用状況(指紋認証状況、ファイルアクセスログ等)は、社内利用、持ち出し利用にかかわらず、全て自動記録され、管理者の設定したe-mailアドレスに自動送信されます。本ログは、内部統制の有効性を示す業務監査ログとしても活用可能です。




【特徴】




  ・FogosPROMobileDesktopにより、ネットワーク接続不要なオフライン作業環境を提供



  ・MSOffice、一太郎など、使い慣れたWindowsアプリケーションを利用可能



  ・ファイルは専用USBメモリの中だけで編集、保存(自動的に圧縮・暗号化)



  ・FogosPRO専用USBメモリの持ち出し利用期間の設定が可能



  ・FogosPROMobileDesktop上でのファイル操作ログの自動取得



  ・画面キャプチャ、印刷、クリップボード、他のUSBデバイスの利用を禁止可能



  ・指紋認証またはPIN認証でWindowsログオンできるシングルサイオン機能でPC認証を強化



  ・PCに接続されたリムーバブルディスクへのファイル書き込みを禁止(FogosPRODeviceCut)




FogosPROによって、ユーザーは認証機能付きUSBメモリで、安全にデータを持ち運び、外出先では、FogosPROが提供する仮想シンクライアント機能FogosPROMobileDesktop上で、安全に作業を行うことができます。




FogosPROEnterpriseEditionは個人情報保護やセキュリティが重視される教育委員会(学校)、県警本部などの公共機関から、取引情報などを扱う一般企業等、広い分野での採用実績があります。




【販売価格】




以下は全てオープンプライスです。




  FogosPROStandardEdition(クライアントライセンス)



  FogosPRO専用USBメモリ



  FogosPROConfigurationUtility(管理アプリケーション)



  FogosPRODeviceCut(インストールPCライセンス)




【販売形態】




  代理店経由




【期間限定キャンペーン】




  2008年3月25日迄




  FogosPROスターターパック:期間限定特別価格 \98,000-(税込)



    ・FogosPROStandardEdition...10ユーザーライセンス(10ユーザーID分)



    ・FogosPRODeviceCut...10クライアントライセンス(PC10台分)



    ・FogosPRO管理者ツール



    ・PIN認証USBメモリ 6本(※1)、または、指紋認証USBメモリ3本(※2)



      ※1.PIN認証USBメモリ:



          パスワード認証機能付きFogosPRO専用USBメモリ(1GB)



          MobileDesktop時に管理者権限が必要、WindowsXP専用



      ※2.指紋認証USBメモリ:



          指紋認証機能付きFogosPRO専用USBメモリ(512MB)



          ユーザー権限で利用可能、WindowsVista対応予定





【製品開発の背景】




企業の内部統制、個人情報保護などの観点から、PCの持ち出し利用、データの持ち帰りなどは厳しく制限されてきています。しかしながら、運用ルールを厳しくしても、PCの持ち出し利用や、データの持ち帰り作業などは、業務上、どうしても必要なシーンがあり、紛失や過失、Winnyなどのファイル交換ソフトによる情報漏えいの危険性は排除しきれません。




会社の外であっても、安心してPCを利用したい、情報漏えいの心配が無い形でデータを活用したい、といったニーズにこたえるべく、ネットワークやLinuxを活用したシンクライアントソリューションや指紋認証+暗号化が可能なUSBメモリ製品などが多数提供されていますが、それぞれ長所・短所があり、運用上の制約を設けながら業務で活用している、というのが現状です。




既存のシンクライアントソリューションは、ネットワーク接続が不可欠であり、かつ、サーバー側に膨大なコンピューターリソースが必要です。さらに、サーバーOSのクライアントアクセスライセンス、アプリケーションの追加ライセンスの購入が発生し、初期導入コストが非常に高額になるケースも見受けられます。




指紋認証付きUSBメモリによるデータ持ち出しでは、指紋認証+暗号化機能などでデータ運搬自体は安全に行うことができますが、持ち出し先での利用状況の把握は難しく、自宅PCにコピーしたデータがWinnyなどで流出してしまう、といったことを防ぐことができませんでした。




FogosPROの仮想シンクライアント機能では、サーバーとのネットワーク接続が不要で、ローカルPCのHDDにデータを残さない、専用USBメモリ内だけの閉じた作業環境を提供しており、自宅PCに持ち帰ったファイルをうっかりコピーしてしまい、重要なデータをWinnyなどで流出させてしまうといったことがありません。



さらに、仮想シンクライアント上での作業ログを自動取得し、e-mailプロトコルを利用したログ自動収集機能を提供することで、ユーザーが意識せずともファイル持ち出し作業の正当性を担保することができます。




FogosPROによって、情報漏えいを防止するだけでなく、データを持ち出しても、安心して、効率よく業務を行うことができる環境をご提供します。





<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>



  株式会社インテリジェントソフトウェアーマーケティング部



    TEL:03-5645-5600



    e-mail:info@intelligent.jp




  ※記載の製品名および社名は各社の登録商標または商標です。



  ※仕様は予告なく変更する場合があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事