logo

大きく成長し続けるインドのチップデザイン産業

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「インドの半導体設計サービス市場:市場と2012年までの予測-IndiaDesignServices-MovingAheadandBuildingStrengths」のプレスリリースにおいて、半導体設計と関連する埋め込みソフトウェアの収益は、2007-2012年で11億ドルから32億ドルに増加するという予測結果を発表した。

設計エンジニアの需要と供給のギャップ、給料の高騰、ドルに対するルピー高などの、インドの半導体デザイン産業が直面している多くの課題にもかかわらず、将来は明るいと、米国調査会社インスタット社は報告する。インドのデザインサービスの収益は、2007年の14億ドルから2012年の34億ドルまで増加すると予測されている。インドのデザイン会社は、サービスの深さと幅を広げるために能力を確立しつつあり、技術を補完するために企業買収も行っている。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ デザインサービス収益全体のうちで通信セクタの占める割合は、2007年の36%から2012年までに41%に拡大するだろうと予測している
■ 2010年までに、65nmがインドで最も主流のプロセスノードとなり、デザインの始めの39%を占めるだろう
デザインと関連する埋め込みソフトウェアの収益は、2007-2012年で11億ドルから32億ドルに増加するだろう

インスタット社の調査レポート「インドの半導体設計サービス市場:市場と2012年までの予測-IndiaDesignServices-MovingAheadandBuildingStrengths」は、インドの半導体デザインサービス市場を調査している。2012年までのインド企業のデザインサービスと埋め込みソフトウェアの収益、デザインスタート、アプリケーション毎のデザイン収益のパーセンテージを予測している。インドのデザインサービスのトレンドを分析し、インドのデザイン企業のプロフィールを記載している。

[調査レポート]
インドの半導体設計サービス市場:市場と2012年までの予測
IndiaDesignServices-MovingAheadandBuildingStrengths
リンク

インスタット(In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事