logo

66億ドルのブロードバンドマルチメディア広告の収益をめぐるハリウッドシナリオライターの闘争

米国調査会社パークスアソシエイツ社は出版レポート「広告プラットフォームと技術の調査:新たなデジタルメディアプラットフォーム、広告配信技術、消費者調査 / New Advertising Platforms and Technologies」のプレスリリースにおいて、新しい米国のマルチメディアプラットフォームは2012年までに広告収入によって126億ドルを生み出すという予測結果を発表した。

2012年までに、新しい米国のマルチメディアプラットフォームは、広告収入によって126億ドルを生み出すだろうと米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「広告プラットフォームと技術の調査:新たなデジタルメディアプラットフォーム、広告配信技術、消費者調査 / New Advertising Platforms and Technologies」は報告する。米国脚本家組合(Writers Guild of America = WGA)の目指すブロードバンドマルチメディア広告は、その内の66億ドル以上を占めるだろう

その次は、モバイルインフォテインメントサービスで50億ドル強であり、ビデオ・オン・デマンド(VoD)やデジタルビデオレコーダ(DVR)などのノンリニアのテレビサービスが米国プロバイダの広告収入の9億ドル以上を占める。

「道は開かれており、新しいプラットフォームへの広告支出の流れは不可避である。米国脚本家組合のストライキのような軋轢がこれらの新しいプラットフォームへの流れを妨げないように、利害関係者の間で一定の基準が設けられてしかるべきであろう」とパークスアソシエイツ社のHarry Wang氏は語る。

この調査レポートは、広告のターゲッティングと広告効果測定が容易なことから、広告主のこれらの新しいマルチメディアプラットフォームへの関心は高まっているとのことである。広告フォーマットの革新や広告目録管理もまた、ブランド効果を高めるのに効果的である。

「今後5年間は、技術ベンダが革新をもたらし、パブリッシャーは視聴者のマーケティング精度を高め、マルチメディアプラットフォームは飛躍的に成長するだろう」とWang氏は語る。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「広告プラットフォームと技術の調査:新たなデジタルメディアプラットフォーム、広告配信技術、消費者調査 / New Advertising Platforms and Technologies」は、デジタル広告産業を調査した。消費者の新しいメディアの広告視聴行動の変化を査定し、メディア複合によるコンテンツ配信戦略の変化やパブリッシャーの新しい広告技術の採用、広告主の広告効果への期待と測定可能なメディアプラットフォームについても詳述している。

[調査レポート]
広告プラットフォームと技術の調査:新たなデジタルメディアプラットフォーム、広告配信技術、消費者調査
New Advertising Platforms and Technologies
リンク

[パークスアソシエイツ社 (Parks Associates) について]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

米国におけるマルチメディアコンテンツ用プラットフォーム設置費用 - 2007年&2012年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。