logo

生体分子量子化学解析セミナー~Advance/BioStationによる生体巨大分子シミュレーション

生体分子量子化学解析ソフトウェア:Advance/BioStation のご紹介セミナーを開催致します。今のセミナーでは、2月にリリース予定のAdvance/BioStationV 3.0で新たに拡張された機能の詳細をご紹介いたします。
XUFF(eXtended Universal Force Field)力場による分子力学計算機能
XUFF力場による分子力学と量子化学によるハイブリッド計算(QM/MM計算)機能
非制限Hartree-Fock(UHF)計算機能
インクリメンタルな密度行列の更新によるHartree-Fock計算の高速化

 これらの追加機能により、Advance/BioStationの汎用性は大きく拡大し、お客様の多様なニーズに応えられるようになりました。
参加申し込みは申込フォームよりお願い申し上げます。

皆様のお申込みをお待ち申し上げております。




開催概要



■タイトル:生体分子量子化学解析セミナー 
~Advance/BioStationによる生体巨大分子シミュレーションと新機能のご紹介~
■日時:2008年3月7日(金)13:30~16:45
■場所:トスラブ山王 (東京都港区赤坂2-5-6 山王健保会館2F)
■主催:アドバンスソフト(株)




プログラム



◆13:30~13:45
アドバンスソフト株式会社のご紹介



◆13:45~14:25
生体分子量子化学解析ソフトウェアAdvance/BioStationの概要



◆14:25~14:55
Advance/BioStationの代表的な使用法について



◆14:55~15:10
<休憩>



◆15:10~15:35
新機能のご紹介~XUFFによる分子力学~



◆15:35~16:00
新機能のご紹介~Advance/BioStationのQM/MM計算法~



◆16:00~16:30
その他の新機能



◆16:30~16:45
価格、関連製品等のご案内および質疑応答




募集要項



■参加費用: 無料




お申し込み



お申し込みは、下記ページの参加申し込みフォームよりお願いいたします。
リンク




製品について



【Advance/BioStationについて】
Advance/BioStationは、非経験的フラグメント分子軌道法を実装した量子化学計算ソフトウェアで、特徴は以下のとおりです。

タンパク質やDNA、糖鎖および低分子を含むこれらの複合体の、分子間相互作用の解析が、残基レベルで可能 他の量子化学計算ソフトでは計算できない規模の分子でも計算可能 FMO 法を使用しているため、並列処理により高精度計算が高速に実行可能
PC1台から PC クラスタまで使用可能 計算に使用するプロセッサ数に依存しないライセンス価格


ご案内



 Advance/BioStationは東京大学生産技術研究所計算科学技術連携研究センターが実施した文 部科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクト及び文部科学省次世代IT基盤構築のための研究開発「革新的シミュレーションソフト ウェアの研究開発」プロジェクトの成果の成果(ソフトウェア)をアドバンスソフト株式会社が商用ライセンスの許諾を受けて、独自に改良したものです。アドバンスソフト株式会社は「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクトに参加しソフトウェアの開発を担当しました。




お問い合わせ先



アドバンスソフト株式会社 営業部(担当:河口)
  〒107-0052 東京都赤坂1-9-20 第16興和ビル南館7F
  (営業部直通) TEL:03-5570-1681 FAX:03-5570-1683
  E-Mail: office@advancesoft.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。