logo

2012年までに7100万世帯に達するサービスプロバイダホームネットワーク

米国調査会社パークスアソシエイツ社は出版レポート「ホームネットワーク市場調査:世界のサービスプロバイダの役割 - Networks in the Home: The Global Service Provider Play」のプレスリリースにおいて、サービスプロバイダのレジデンシャルゲートウエイの世界の総世帯数は、2012年までに7000万世帯に達するという予測結果を発表した。

住宅向けゲートウェイは高度なデジタルホーム機能とリモートホームネットワークを増強

サービスプロバイダは、ホームネットワーキング向けのレジデンシャルゲートウエイの導入を急速に進めていると、米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「ホームネットワーク市場調査:世界のサービスプロバイダの役割 - Networks in the Home: The Global Service Provider Play」は報告する。サービスプロバイダのレジデンシャルゲートウエイの世界の総世帯数は、2012年までに7000万世帯に達すると予測している。



「世界のサービスプロバイダは、ブロードバンド、通信、その他のサービスの価値を高めるために競いあっている。ホームネットワーキングの戦略は、高度な消費者宅内機器と、加入者とサービスプロバイダの双方にとって大きなプラスになる関連サービスに焦点をあわせている。2008年の国際CESで示されたように、キャリアが機能を向上させて加入者向けのアプリケーションを増加するにしたがって、サービスプロバイダ業界と関連するホームネットワーク製品は洗練されてきている」とパークスアソシエイツ社の副社長で主席アナリストのKurt Scherf氏は語る。

Scherf氏は、レジデンシャルゲートウェイとその他のCPE展開の戦略は、マルチルームDVR、ストリーミングマルチメディアアプリケーション、高度な通信機能、家の監視などの付加価値機能から始まると指摘している。そしてサービスプロバイダは、遠隔管理できるCPEの導入によってカスタマーサポートのコストを大きく削減することができ、加入者に対してより高額なデジタルホームサポートサービスへの切り替えを進める有効なビジネスチャンスを見出せるだろう。

調査レポート「ホームネットワーク市場調査:世界のサービスプロバイダの役割 - Networks in the Home: The Global Service Provider Play」は、ホームネットワークングの役割と、サービスプロバイダがネットワーク接続で課金するための管理サービスを調査している。世界の現状を概観し、サービスプロバイダ毎のホームネットワーキング採用を予測し、消費者の新サービスへの関心、管理サービスのエコノミクス、主要なレジデンシャルゲートウエイ技術とネットワーク技術について詳述している。


[調査レポート]
ホームネットワーク市場調査:世界のサービスプロバイダの役割
Networks in the Home: The Global Service Provider Play
リンク

パークスアソシエイツ社 (Parks Associates)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

地域別宅内ゲートウェイ利用世帯数予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。