logo

新発売:Webブラウザの操作を自動化するソフト「Autoブラウザ名人」

取引先WebEDIサイトの受注データダウンロードやデータ入力など、ブラウザ操作をとことん自動化するソリューションを強化

ユーザックシステム株式会社(本社 大阪市中央区、代表取締役社長 宮原克昭)は、増え続ける様々なWebシステムの課題解決のため、Webブラウザの操作を自動化するソフトウェア「Autoブラウザ名人」を開発し、2月5日より発売を開始します。

ユーザックシステム株式会社(本社 大阪市中央区、代表取締役社長 宮原克昭)は、増え続ける様々なWebシステムの課題解決のため、Webブラウザの操作を自動化するソフトウェア「Autoブラウザ名人」を開発し、2月5日より発売を開始します。

「Autoブラウザ名人」は、取引先ごとに存在するWebEDIサイト(インターネットを利用した受発注システム)からの受注データダウンロードやデータ入力など、手作業によるブラウザ操作を必要とする業務を自動化するソフトウェアで、EDI業務のほかブラウザを利用した様々なWebサイトへのアクセスやデータ送受信の自動化を実現します。

近年、基幹システムやグループウェア、取引先とのEDI(オンライン受発注システム)など、アプリケーションのWeb化が進むにつれ、手作業によるブラウザ操作のわずらわしさがクローズアップされています。これまで、取引先とのEDIは、コンピュータ同士が接続され、基幹システムによる自動化が進んできました。しかし、手軽に構築でき取引先の初期投資の負担が少ないインターネットによるEDIへの移行が増加し、ブラウザ画面との対話型のインターフェースが多いため、処理の自動化が困難となり、基幹システムへのデータ入力も毎日手作業となっている企業も少なくありません。

そこで当社は自動化が困難とされてきたWebブラウザの一連の操作を記録し、スケジュールに従って自動実行することができる「Autoブラウザ名人」を開発しました。これまで当社は「WebEDI受信名人」という名称で、WebEDIに特化したソフトウェアを開発してきましたが、さらにブラウザ操作の自動化率を高め、EDI業務以外でも利用できるソフトに機能を大幅に拡張いたしました。


■おもな活用事例
取引先のWebEDIサイトからの受注情報のダウンロード
取引先のWebサイトへの請求データ入力
特定業種のポータルサイトへの自社の商品情報のアップロード
社内情報システムからの各種情報のダウンロード
Webシステム開発におけるテスト行程でのオペレーション自動化

■「Autoブラウザ名人」の価格
Enterprise版(スクリプト開発者向け) 800,000円(税別)
Standard版(スクリプト実行用) 198,000円(税別)

■「Autoブラウザ名人」ご紹介ページ
リンク

■ユーザックシステム株式会社
1971年創業。経済産業省登録SI業者。中小企業の基幹システムから大企業の物流システム、そしてWebシステムの開発や運用支援を得意とする。指定伝票発行システム「伝発名人」、オンライン受発注システム「EOS名人」、WebEDIシステム「インターネット名人」など、アプリケーションパッケージを数多く開発している。マイクロソフト認定ゴールドパートナー。
URL:リンク

●お問合せ先

ユーザックシステム株式会社 マーケティング本部 meijin@usknet.co.jp
<東京本社>
〒104-0033
東京都中央区新川1-17-24 ロフテー中央ビル2F
TEL.03-3523-0808(代) FAX.03-3523-0160

<大阪本社>
〒541-0048
大阪市中央区瓦町1-6-10 JP ビル3F
TEL.06-6228-1383(代) FAX.06-6228-1380

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。