logo

ウィザードシステム研究所、GUIを一新した生産スケジューラ新版 「PlanWizard 2008」 シリーズを発売

ウィザードシステム研究所は、APS/生産スケジューラの新バージョン「PlanWizard 2008 Ver1.0」を発売した。従来の「PlanWizard」シリーズがグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を一新し、より使いやすくパワーアップされた「PlanWizard 2008」シリーズVer1.0として生まれ変わった。
GUI大幅改良の他にも、PlanWizardと外部とのデータのやり取りをExcelで作成したシートを介して行えるエントリーシートインターフェース機能、品目毎に設定された数値仕様によって、生産設備の割付制御を行うことが可能な数値仕様割付設備制御機能、同一時間帯に作業を山積みすることが可能な設備割付山積み機能等、85項目の様々な新機能が追加及び改良されている。

1.操作性・柔軟性に優れたGUI
■様々な情報を確認することができる4つのビューが追加された(※1)。ビューからマスター統合エディタやカレンダーを開くことができ、データへの移動もスムーズに行うことが可能。
■470以上のメニューコマンド、790以上のウィンドウ編集メニューから新しいツールバーを作成したり、既存のツールバーを編集するなど、ツールバーのカスタマイズが可能になった。
ツールボタンのイメージも新規作成・編集を行うことが可能。
■不要なメニューを削除したり、メニューの並び順を変更することができ、メニュー名称をユーザー独自の名称で表示させることが出来る。
PlanWizardをユーザーが独自開発したシステムのように使用することが可能。
■PlanWizardの全メニューに対してショートカットキーを割り当てることができる。
日常よく運用で使用するコマンドへショートカットキーを割り当てることで、操作をよりスムーズに行うことが可能。
■ガントチャートやマスター等の各種ウィンドウが、タブをクリックするだけで簡単に切替えられるようになった。タブの位置は、上部・下部から選択可能。
■ウィンドウ全体のテーマを変更することができる。Normal、Office2000、OfficeXP、Office2003から選択するため、現在使用しているOfficeと同じテーマにする等、使いやすいテーマを選択することができる。

 <※1:追加された4つのビューウィンドウ>
 各種ビューには検索ウィンドウがあり、簡単に目的の情報を探せる。
 ・製品側から使用する部品や原材料が確認できる「マスター展開ビュー」
 ・原材料・部品側から製品が確認できる「マスター逆展開ビュー」
 ・各種カレンダーとそのグループ階層を確認できる「カレンダービュー」
 ・マクロやツール、レイアウト等の情報を一覧で確認できる「マクロ・ツール・レイアウトビュー」
 ビュー単位でドッキング位置が変更可能。
 ユーザーが使いやすいレイアウトへと、自由に変更できる。

2.エントリーシートインターフェース機能
■エントリーシートインターフェース機能では、PlanWizardと外部とのデータのやり取りを、Excelで作成したエントリーシートを介して行なうことができる。
■エンドユーザーがプログラムレスでPlanWizardとのインターフェースを構築することが可能。

3.数値仕様割付設備制御機能
■品目毎に設定された数値仕様によって、生産設備の割付制御を行うことができる。
■従来の設備容量制御では、生産する数量によってのみ生産設備が選択されていたが、数値仕様では、個々の長さや重さなどの条件によって生産設備を選択する。勿論、設備の条件には、下限~上限の範囲で設定することが可能。

4.設備割付山積み機能
■従来は、通常の設備において同一時間帯には複数の作業を割付けることができなかったが、同一時間帯に作業を山積みすることが可能になった。
■外注や作業台など、一度に複数の作業が生産可能な設備は、同時間帯に作業可能な台数を登録していたが、1台の設備にできるため、カレンダーの変更等マスターのメンテナンスが容易になる。
■山積みの設定は、フラグにより簡単に変更が可能。
■また、設備の山積みは通常のリソース同様、ヒストグラムにてイメージをグラフィカルに確認できる。

5.その他
新機能や、従来の機能がより使いやすく、追加・改良(上記含め、85項目)されている。
・PlanWizard内で使用できるカラーがフルカラー(1677万色)に対応。
・Windows Vistaに対応。
※Office、Excel、Windows VistaはMicrosoft社の商標又は登録商標です。


価格は、標準的な機能を備えた「PlanWizard Light」が480万円、多くのオプション機能を備えた「PlanWizard Standard」が750万円など。その他、同一企業内で無制限に使用できるコーポレートライセンスなども用意している。


■企業名  株式会社ウィザードシステム研究所
■代表者名 代表取締役 鈴木鐘康
■問合せ先 東京都江戸川区東葛西6-2-3 第三須三ビル5F
営業部
担当 武藤祥子
電話 03-5667-7281(平日9:00~17:30)
FAX 03-5667-7282
E-Mail mutoh@wizard-system.com
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

PlanWizard 新GUI

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事