logo

日本アイオナテクノロジーズ社、東芝情報システムが組込み機器向けのシステム開発分野で協業

~組込み向けにArtix/Eの販売連携を発表~

東芝情報システム株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:澤田 晃三、以下:東芝情報システム)と日本アイオナテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:黒木 克彦、以下 日本アイオナ)は組込み機器向けのアプリケーション開発に最適なArtix/Embeddedの販売・技術連携を発表いたします。

Artix Embeddedは、組込み機器アプリケーション開発向けに再利用性および移植性の高いアプリケーションをより容易に開発するための、高速で軽量な分散コンポーネントのフレームワークです。Artix Embeddedを使用することにより、アプリケーションを複数の言語によって再利用可能なコンポーネントに実装し、それらのコンポーネントを組み立てることで迅速なアプリケーション開発を可能にします。また、このコンポーネントは開発言語、オペレーティング・システム(OS)、機器に依存しないため、開発生産性の向上にもつながります。

Artix Embeddedは、様々な組込み用オペレーティング・システム(OS)、そして幅広いハードウェアをサポートしており、様々な環境を要求される組込みシステム開発に適しています。さらに、Artix Embedded は、ネットワーク化される組込み機器において、異なるMPUやOSが混在する環境化でのネットワーク接続を実現するIIOP(CORBA)をサポートしているので東芝情報システムは、ネットワークに対応した組込み機器メーカにArtix Embeddedを提案し、自社の持つ組込みOSのノウハウや通信技術ノウハウとあわせ提供してまいります。

"次々に発売される新たな組込み機器の複雑なアプリケーションに対応するために、組込み機器向けソフトウェアの開発コストは年々高騰しています。 また、機器ごとに新たなにアプリケーションの開発を続けていくことは、開発リソースや開発期間、コストといった各々の側面からも限界がきています。 そのソリューションとして、Artix Embeddedは既存のアプリケーションを開発言語や機器に依存しない標準技術により抽象化して再利用することで、ソフトウェア生産性を飛躍的に向上させることができます。また、既存の開発者のスキルセットをそのまま活用することもできるArtix Embeddedは、組込み市場で高い需要を見込んでいます。" と日本アイオナの代表取締役 黒木克彦氏は述べています。

東芝情報システムは、日本アイオナの技術を利用し、組込み製品分野に特化し自社の商品との連携やアプリケーションやプラットフォームなどの開発のノウハウを活用し、セットメーカへのサポートや作りこみを行います。

1月初旬より販売開始。当面は、OA機器と携帯電話に絞り営業活動を行ない初年度は3億円の売上を目指します。

日本アイオナテクノロジーズ株式会社について

10年以上、IONAR Technologies (アイオナテクノロジーズ、NASDAQ: IONA)は、グローバル2000企業のIT環境でのハイ・パフォーマンス・インテグレーションのソリューションを提供する世界的リーダーであり続けています。 IONAは、CORBAベースのOrbixR 製品ファミリーで、標準技術によるインテグレーションのパイオニアとなり、IONAの拡張性の高いエンタープライズ・サービス・バスであるArtix?は既存のエンタープライズ・システムを企業の共通インフラに連携することができます。また、IONAがスポンサーとなっているObjectWebのCeltixオープンソースESBプロジェクトは、IONAがオープンな標準技術と分散アーキテクチャをベースにインテグレーションの問題を解決してきた経験から到達したプロジェクトです。

IONAは本社をアイルランドのダブリンに、米国本社をマサチューセッツ州ウォルサムに置き、世界中に支社を置いています。詳細については、ホームページ(リンク)をご参照ください。日本アイオナテクノロジーズ株式会社は、同社の日本法人です。

東芝情報システム株式会社について

東芝情報システムは、1962年の設立以来、業界で常に最先端の技術を駆使し、情報サービス分野のリーディングカンパニーとして企業および社会の多様な情報化ニーズに応えてきました。エンベデッドシステム・ソリューション、SIソリューションを中心にお客様の総合ITパートナーとしてお役に立ちたいと考えております。
特にエンベデッドシステム・ソリューショングループは携帯電話、情報家電、車載情報機器などの高度化する情報機器向けの組込みシステムにおいてシステムLSI設計、各種ドライバー、プラットフォームからアプリケーションまでの開発業務やライセンス販売サービスをご提供しております。
詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(リンク)


東芝情報システム株式会社
エンベデッドシステム営業事業部 営業第一部 渡邊
電子メール: wat@tjsys.co.jp
Tel :044-246-8225
携帯電話:080-6708-6301

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事