logo

フォワードコンセプト社はWiMAX市場を幅広く掘り下げた調査レポートを出版

米国の調査会社フォワードコンセプト社は2012年までの機器とチップの予測結果のほか、WiMAX/BWAシステムハウスの累積収益予測と2007年のシェア、73ヶ国の194社のオペレータによる世界のWiMAXとBWA展開、146ヶ国の国ごとの有線と無線のブロードバンド加入者数の詳細なリストなどを掲載した「世界のWiMAX市場分析 2008年:オペレータ、機器、チップ、3G以降のブロードバンド技術 - WiMAX '08 - The 3G+ Broadband Alternative: A Global Analysis of Operators, Equipment, Chips & Broadband Alternatives」レポートを出版しました。

米国の調査会社フォワードコンセプト社は、WiMAXの世界市場に関する最新の詳細な調査レポートを出版した。この300ページの調査レポートは、有線と無線の両方のオペレータ、設備、チップ、ブロードバンド技術に関して綿密に分析している。

主席著者のCarter L. Horney氏は、「3Gセルラー(HSPA、EV-DO)とモバイルWiMAXは、2012年のモバイル無線ブロードバンド市場の主流となる技術だが、HSOPA(高速OFDMパケット接続)、LTE(Super3G)、そして/またはウルトラモバイルブロードバンド(UMB)もまた利用可能になっているだろう」と述べている。この調査レポートは、下記の重要な点についても調査している。

固定/モバイルサービスなどさまざまなWIMAXによって、世界の地域市場や発展途上地域などにブロードバンド接続サービスを提供できるようになる
インドでのWIMAXの成長は力強く、3Gのサービス開始よりも早いだろう
WIMAXは中国で拡大するが、3G TD-SCDMAが先行するだろう
モバイルWiMAXが既存のセルラーネットワークをオーバレイとして補うことができるならば、主流になりえるだろう
調査レポートは、2012年までの機器とチップの予測を提供する。WiMAX/BWAシステムハウスの累積収益予測と2007年のシェアを記載し、WiMAX PHY、MAC、RF、通信プロセッサチップベンダの2007年の市場シェア予測、73ヶ国の194社のオペレータによる世界のWiMAXとBWA展開、146ヶ国の国ごとの有線と無線のブロードバンド加入者数の詳細なリストも掲載している。

フォワードコンセプト社の社長で調査レポートの編集者であるWill Strauss氏は、「米国のSprint Nextel、カナダのRogers、日本のソフトバンクやソニー、スペインやラテンアメリカのTelefonicaなどの大手セルラーオペレータが、モバイルWiMAXを推進している」と述べている。この調査レポートは、下記のようなエコシステムについても記載している。

世界の200社以上のオペレータがWiMAXを採用している
WiMAXインフラストラクチャ設備を供給する企業は30社以上
WiMAXクライアント設備を供給する企業は16社以上
802.16e MAC/PHYベースバンドチップを提供する企業は19社以上
WiMAXラジオトランシーバーチップを現在提供している企業は15社以上


[調査レポート]
世界のWiMAX市場分析 2008年:オペレータ、機器、チップ、3G以降のブロードバンド技術
WiMAX '08 - The 3G+ Broadband Alternative
A Global Analysis of Operators, Equipment, Chips & Broadband Alternatives
リンク

フォワードコンセプト社 (Forward Concepts)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。