logo

ヴィジョネア、CNET Japan に記事提供 ヴィジョネアが運営するメディア情報サイト『DIGITAL MEDIA 360°』の記事を 『CNET Japan』に提供開始

ヴィジョネア、CNET Japan に記事提供
ヴィジョネアが運営するメディア情報サイト『DIGITAL MEDIA 360°』の記事を
『CNET Japan』に提供開始

ヴィジョネア株式会社(本社:渋谷区道玄坂 代表取締役社長:内古閑 宏、以下ヴィジョネア)が運営するメディア情報ウェブサイト『DIGITAL MEDIA 360°』(リンク 以下dm360°)は、テクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト『CNET Japan』(リンク) のインタビューコーナーに1 月21 日より記事を提供することになりました。
『dm360°』サイトのインタビュー・対談コーナー「EYES OF VISION」のダイジェスト版が『CNET Japan』のサイトに掲載されます。

昨年から今年にかけて世の中には数多くのメディア・サービスが誕生し、私達のライフスタイルも変化しています。このような状況下で、ヴィジョネアは2007 年2 月14 日に『dm360°』を創刊し、これから生まれ変わっていくメディア業界のキーパーソンの言葉を集め発信しています。今後益々クロスメディア化が進み、既存の枠組みにとらわれない他業種との融合が鍵となる中で、本サイトが映像業界の様々な方々との接点となり、その接点から新たな発想が生まれることを目指しています。

『dm360°』のサイトは、インタビュー・対談コーナーである「EYES OF VISION」を中心に、dm360°独自の切り口で商品・サービスを紹介するコーナー、オリジナルの壁紙・アイコン・携帯待受画面をダウンロードできるコーナー等があります。また、本サイトは更新毎に、ヴィジョネアよりコンテンツホルダー様、流通会社様、出版社様などへ、メールマガジンの形で告知をしています。

『dm360°』は「EYES OF VISION」ダイジェスト版が『CNET Japan』 に掲載されることにより、幅広い読者へのアプローチが可能となり、より多くの方々に映像メディアの可能性について提唱していく機会が創出できることを期待します。

これまでに「EYES OF VISION」では、クリエイター、プロデューサー、雑誌編集長など、映像メディア業界において独特のビジョンをお持ちの方々を厳選し、インタビューと対談を行ってきました。(出演者は別紙参照)独自の切り口による意見や価値観、最先端の情報をインタビュアーからお伺いして読者に発信しています。登場者のユニークなビジョンに触れることで、読者が今後の映像業界発展のヒントとなるようなエッセンスをつかむきっかけになると考えます。

現在、ヴィジョネアはデジタル映像の再生制御技術開発を軸としたビジネスを展開しています。技術開発という切り口でデジタル映像業界に新しいビジネスモデルを提案しながら、独自に『dm360°』を運営し、デジタル映像メディアの情報を発信し、その可能性を追求していきます。

【DIGITAL MEDIA 360°について】リンク
様々なメディアの誕生により、クロスメディアが進む現在、本サイトを介して映像メディアの情報がクロスメディアしそれぞれ異なった立場、業界の方々を(視聴者、コンテンツホルダー、クリエイター、流通チャネル等)を繋げて、新しい商品・サービス等が誕生していくことを目指しています。
【「EYES OF VISION」出演者】
・社団法人日本映像ソフト協会事業部次長兼事業課長 駒崎武一氏
・株式会社カプコン CS 事業統括 営業推進部 プロモーションチーム 尾島博徳氏
・株式会社シンク プロデューサー 竹内宏彰氏
株式会社インフォバーン 代表取締役会長 小林弘人氏
・鉄コン筋クリート マイケル・アリアス監督
・電気通信大学 電気通信学部知能機会工学科 教授 稲見昌彦氏
・日経エンタテインメント 編集委員 品田英雄氏
吉本興業株式会社 広報センター 竹中 功氏
・週刊アスキー総編集長 福岡俊弘氏
株式会社イマージュ 代表取締役社長 田山修一氏
・アニメ・映画監督 押井守氏
・キューエンタテインメント 代表取締役 水口哲也氏

【シーネットネットワークスジャパンについて】リンク
シーネットネットワークスジャパンは、米CNET Networks, Inc.が100%出資する子会社です。米CNET Networks, Inc.(以下、CNET Networks)はインタラクティブ時代のコンテンツ環境を創出するワールドワイドのメディア企業です。CNET Networksは、「一味違うメディアカンパニー」としての自負を持ち、ユーザーと市場関係者、そしてエキスパートの編集者の知識と情熱とを組みあわせることで、よりリッチで深いインタラクティブな体験を創造しています。CNET NetworksのリーディングブランドであるCNET、GameSpot、BNET、TV.com、ZDNetは、パーソナルテクノロジーやエンターテインメント、ビジネステクノロジーに焦点をあてています。CNET Networksは米国、アジアおよびヨーロッパでビジネスを展開しています。

【ヴィジョネアについて】リンク
「日本発 世界初」の独自技術を開発し、新しいビジネス、新しいライフスタイルを世の中に提唱する会社として2000 年に設立。再生制御技術である特許技術『DVDMAGIC』をベースに独自のビジネスを展開。『DVDMAGIC』®の具体的な使用としては、DVD メディアをプロモーション目的で無料配布し、利用者からの視聴データを収集する「無料視聴モデル」やDVD に収録された映像の一部をあらかじめ再生不能にしておき、利用者が視聴する際にインターネット経由でワンタイムパスワードを購入して設定を解除し、動画を楽しむことができる「有料視聴モデル」(ペイパービューDVD)など。現在はDVD 規格に準拠させているが、次世代DVD(ブルーレイ、HD-DVD)には既に対応しており、ネットワーク上の配信サービスにも応用可能である。その他には、デジタル映像の指定箇所にタグを貼り、ブックマークとして記録して、後で再生する時に指定箇所を直ちに呼び出せる技術「onyon」を提供している。
またDVD ソフトの中身の企画から原盤の制作、ディスクの製造、パスワード配布のためのサイトの構築・運用、課金回収、収集したデータの分析などまで、DVD に関わる一貫した業務も提供しており、現在、製造するDVD ディスクは年間3000 万枚前後に達している。日本映像ソフト協会会員、Blu-ray Disc Association コントリビューションメンバー、DVD フォーラム・プリンシパルメンバーでもあり次世代ディスクに対して積極的に開発を行うなど映像コンテンツの新しい流通プラットフォーム構築を目指しメディア技術の開発に注力している。

【このリリースに関するお問い合わせ先】
ヴィジョネア株式会社  広報担当:池田久仁子(いけだくにこ)
tel:03-6823-1888  e-mail:kikeda@visionare.co.jp

関連情報
http://dm360.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事