logo

WebExとソフトバンクBB、SaaSビジネス分野で協業

~ 日本初となるSalesforceとの統合サービスを提供 ~

ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田野豊、以下WebEx)とソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:孫正義、以下ソフトバンクBB)は本日、両社がSaaS(*1)ビジネス分野で協業し、ソフトバンクBBがWeb会議サービス「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」ならびにWebExとSalesforceの両製品の連携が可能な「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディションfor Salesforce」を2008年1月15日より提供すると発表いたしました。

今回の協業は、両社の販売代理店契約をベースとしながらも、単なるサービス販売に留まらず、独自SaaSソリューションの提案および開発、販売、導入支援、サポートを含む広範囲で緊密に連携し、顧客のSaaS対応を強力に支援するものです。


本協業における第1弾の活動として、ソフトバンクBBは「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」、ならびに当エディション限定で、WebEx Meeting Centerとセールスフォース・ドットコムのCRMサービスであるSalesforceとの連携を可能にした新たなサービス「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディションfor Salesforce」の2つのSaaSサービスを提供します。特にこの「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディションfor Salesforce」は、このたび日本で初めて提供されるものであり、これにより日本のユーザーはSalesforceのCRMとWebExの高セキュリティかつ高可用性のWebコラボレーションを統合したソリューションを、単一のインターフェース上で利用することが可能となります。なお、本サービスはソフトバンクBBの販売代理店を通じて提供されます。


本協業における第1弾の活動として、ソフトバンクBBは「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」、ならびに当エディション限定で、WebEx Meeting Centerとセールスフォース・ドットコムのCRMサービスであるSalesforceとの連携を可能にした新たなサービス「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディションfor Salesforce」の2つのSaaSサービスを提供します。特にこの「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディションfor Salesforce」は、このたび日本で初めて提供されるものであり、これにより日本のユーザーはSalesforceのCRMとWebExの高セキュリティかつ高可用性のWebコラボレーションを統合したソリューションを、単一のインターフェース上で利用することが可能となります。なお、本サービスはソフトバンクBBの販売代理店を通じて提供されます。


WebExは、Web会議サービスにおいて、全世界約60%(*2)という圧倒的なシェアを背景に2002年に日本に進出。現在国内においても1,000サイトを超えており、2006年にはオンデマンド型Web会議サービス市場で国内1位となる28.7%のシェア(*3)を獲得するなど、順調にビジネスを拡大させています。


また日本の大手企業ではWeb会議の必要性の認識は既に高まっており、近年日本市場においてもユーザー数は増加の一途をたどる一方です。今回の新サービス提供は、Web会議市場の裾野の拡大による新たなユーザー層へのアプローチを目的としております。


「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」の機能詳細等は以下のWebサイトをご参照下さい:
リンク



<添付資料>
■「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」の概要
「WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション」は、Web会議の標準的な
機能に加えて、セールスフォース・ドットコムのCRMサービスとの統合機能を
装備しております。ソフトバンクBBの販売代理店から提供される予定です。
リンク

■提供機能
【ドキュメント、デスクトップの共有】
ファイルをサーバにアップロードしなくても、リモートでリアルタイムに
ドキュメント共有およびデスクトップのリモート操作ができます。
【充実したマルチメディア体験】
PowerPoint、Flash 動画およびオーディオに対応し、マルチメディアを
駆使した魅力的なプレゼンテーションを提供します。
【VoIP(音声)】
高品質VoIP(インターネットフォン)で最大7 同時通話に対応しています。
【アクティブトーカー】
参加者リストの横にある点滅した電話のアイコンで誰が発言しているのか
簡単に特定できます。
【デスクトップ インテグレーションのスイート】
MS Office、MS Outlook、Lotus Notes および、WebEx AIM Pro ビジネス
エディションを含む様々なインスタント メッセージング ソリューション
から、簡単にミーティングを開始できます。
【ワンクリック ミーティング アクセス】
デスクトップからすぐにミーティングを開催し、参加者へ招待状を送ることが
できます。
【クロス プラットフォーム サポート】
使用OS を気にすることなく、誰とでもミーティングを行えます。WebEx は
Windows、Mac、Linux、Solaris(Windows英語版のみ) に対応しています。
【高信頼性と高性能のWebEx MediaTone】
遅延や中断なく、世界中のどこからでも双方向ミーティングを開催できます。
【スイッチング ネットワークと128 ビットSSL 暗号化】
完全な信頼性を備え、極秘の会議も安心です。
【複数言語に対応】
英語、日本語でのミーティングが可能です。
【PowerPanels】
参加者がフルスクリーンでミーティングに参加している間、背後で
プライベートにミーティングを管理します。
【E メールおよびIM インテグレーションとクイックスタートミーティング】
ローカルE メールソリューションからミーティングへの招待状やリマインダー
を簡単に送信、またはWebEx AIM Pro からIM リマインダーを送信します。
【Salesforce.com 社のCRM サービスとの連携】
WebEx Meeting Center はSalesforce.com 社が提供するCRM サービスに対応
した連携サービスを提供します。両サービスを統合するとSalesforce.com の
CRM サービス内からシングル・サインオンでアクセスでき、迅速にミーティン
グを開催したり、ミーティングに関する情報を所得したりできます。

このプレスリリースの付帯情報

WebEx Meeting Center TEKI-PAKIエディション

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1 SaaS (software as a service):
ネットワークを通じてアプリケーションソフトの機能をオンデマンドで
提供する仕組み。必要な機能のみを、必要な時に使用できるため、導入・
保守の手間や時間、コストを削減できる。従来のホスティングモデルと
異なり、利用環境に合わせた柔軟なカスタマイズや他サービスとの連携が
可能になった。さらに、一つのシステムを複数企業で共有できるため、
より低コストでのサービス提供が実現している。
※2 Frost & Sullivan 2006 "World Web Conferencing Markets",
Market Share of Web Conferencing Services Market
※3 富士キメラ総研「2007 IPコミュニケーション/モバイル市場調査総覧」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。