logo

Wolfson、最新AudioPlusテクノロジ搭載製品を展示

ユーザーに新しい利用環境と魅力的なオーディオ体験を提供

Wolfson (ウォルフソン)は本日、2008年1月7~10日にラスベガスで開催されているコンシューマ・エレクトロニクス・ショー (CES) において、当社のAudioPlus テクノロジ戦略の詳細を発表すると共に、AudioPlusを支える4本の柱であるPure Sound、Smart Power、Enhanced Soundware、True Micsなど、当社の最新ミックスド・シグナルのテクノロジ搭載システムの展示をおこなった。

ウォルフソンの革新的なAudioPlus戦略は、高品質オーディオに関する独自の技術を基盤として、ミックスド・シグナルのテクノロジとオーディオのシグナル・チェーンで必要となる各要素を統合するもの。本戦略は、「デジタル」と「人間の感覚」を高度に最適化された方法で結合し、エンド・ユーザーにより優れた使用環境と新しいオーディオ体験を提供する。

デジタル回路は常にシュリンクされるため、アナログ・シグナルやミックスド・シグナルを純粋なデジタル回路と同じシリコンに搭載する手法はコスト的に適切であるとは限りません。今後は、より多くのアナログ・シグナルとミックスド・シグナルを統合することが、「総部品点数 (BOM)」、「フットプリント」を削減する有力な手段となります。このアプローチにより、「エンド・ユーザーに新しいオーディオ体験を提供する」、「高度に最適化された低コストのオーディオ製品」の開発が可能となる。

ウォルフソンのAudioPlus戦略は、次の4つの柱で構成:

- Pure Sound :「オーディオ品質」は、今日の携帯マルチメディア・デバイスやブロードバンド ワイヤレス・テクノロジにおいて、製品差別化の重要な要素として明確に位置付けられている。ウォルフソン独自のオーディオ・アーキテクチャは、ピュアで自然なサウンドと高性能のオーディオを提供し、コンシューマ市場において、明確に差別化されたデジタル製品の開発を実現する。

- Smart Power:モバイル製品開発メーカーは、より高度で高性能なマルチメディア製品をより「小型化」、「バッテリ駆動時間の最大化」するために大きな労力を費やす。ウォルフソンは、この難題に真正面から取り組み、超低消費電力のパワーマネージメント・ソリューションを統合することにより、バッテリ駆動時間の大幅な改善を達成。

- Enhanced Soundware: ウォルフソンの高度なオーディオ・アルゴリズムは、コンサート・ホールや映画館に実際にいるような臨場感溢れるオーディオ体験を提供し、アクティブ・ノイズ・キャンセル テクノロジは、かつてない明瞭度の高いオーディオ品質を実現。

- True Mics:ウォルフソンのシリコン・マイクロフォン・テクノロジは、業界最高水準のオーディオ特性と小型な形状を両立し、常にクリアーなオーディオキャプチャを可能とする。


詳しい説明をお聞きになりたい方は、2008年1月7~10日にCESのウォルフソンブース (LVCC 35638) にお立ち寄りください。

本件に関する問い合せ先
Wolfson Microelectronics plc
営業部 滝田 寛
TEL : 045-440-1230
E-mail : hiroshi.takita@wolfsonmicro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事