logo

中古車販売の小売支援・来店支援の連携システム「VX.NS」出荷開始~業界随一の車両データベースの搭載で業務効率を飛躍的に向上、自店ホームページの開設サービス、中古車ポータルサイトへの連携機能で来店支援もサポート~

ブロードリーフの中古車ポータル「CarPod.Jp」への連携と特別価格キャンペーンで導入をバックアップ

【要 旨】
 業種特化型の「業務アプリケーション」を開発・販売している株式会社ブロードリーフ(以下、ブロードリーフ、URL=リンク)は、「Broadleaf .NSシリーズ」の新商品として中古車販売店向けの自動車流通支援ネットワークシステム「VX.NS(ブイエックス ドットエヌエス)」を開発、本年1月15日から営業活動を本格化させることになりましたので、お知らせします。
 「VX.NS」は、業界随一といわれる車両データを含む業務データベースを装備し、中古車の在庫登録、見積・注文書作成といった業務の効率を飛躍的に向上させるだけでなく、自社ホームページの開設サービスをはじめ、グループ在庫ネットワーク機能や中古車のポータルサイトとの連携機能による来店促進、来店につながるWebサイトへのアクセス誘致といった営業支援サービスの提供を最大の特徴とした業務支援システムです。
 標準価格(税別)は、基本システム費が70万円(5年リース使用)、初期導入サポート費が15万円、Web公開用サーバ使用料が4,500円/月から。ブロードリーフでは、「VX.NS」の出荷に当たり、記念キャンペーンを実施することにしており、先着300店までは基本システム費が30万円(3年間の使用権購入)、初期導入サポート費とブロードリーフの中古車ポータルサイト(CarPod.Jp)への展示車の掲載料が無料となります。記念キャンペーンでの実績を含め、ブロードリーフの直販により、本年度(2007年4月-2008年3月)360システム、2008年度920システムの販売を目指します。

【詳 細】
 「Broadleaf .NSシリーズ」は、.netフレームワーク(※1)を採用した業界・業種別の業務システムの総称で、自動車アフターマーケット向けの製品としては、2006年9月から自動車整備ネットワークシステム「SF.NS」、自動車鈑金見積ネットワークシステム「BK.NS」、車両販売ネットワークシステム「CS.NS」を販売しています。
 今回の「VX.NS」は、中古車販売の業務環境のみならず中古車市場、ユーザーの購入動向にまで分析を加え、開発された中古車販売店向けの業務システムです。特に、ユーザーの中古車に対する嗜好、利用目的、購入手段は、高齢化やインターネットの普及と共に劇的に変化しており、店頭に展示車を並べただけでは集客、小売ができない状況になりつつあり、不良在庫の増大がそのまま資金や経営の圧迫につながる厳しい環境にあります。対策として、展示車を掲載したホームページの開設、グループ在庫ネットワーク機能や中古車ポータルサイトへの登録・連携を行なうことが有効ですが、ホームページの運用にはデータ入力、更新の作業が日常の業務に加わるため、これが大きな負担になるとともに、経験がないということも手伝って、実践に踏み出せないのが実情です。
 そうした問題を一挙に解決するために開発されたものが「VX.NS」です。「VX.NS」は、類別型式情報(34万点以上)、タイヤサイズ情報(49万点以上)、バッテリー規格情報(45万点以上)、全国住所データ(47万件以上)を含む業務データベースを装備しており、日常の業務で行なっている中古車の在庫登録、見積・注文書の作成作業を大幅に削減します。車両の登録作業では、9桁の類別型式をテンキーで入力するだけで大半の作業を済ませることができます。
 しかも、「VX.NS」は、Microsoft社の.netフレームワークを採用したアーキテクチャで設計されており、データ連携が容易に行なえるため、自店のホームページに掲出する車両のデータ、協業関係にある同業者と運営するグループ在庫ネットワーク機能、有力な中古車ポータルサイトへの掲出に必要な中古車のデータを改めて入力する必要がありません。その上、各種Webサイトとの連携の拠点となる自店のホームページに関しては、ブロードリーフが無償で作成(ホームページレイアウトはブロードリーフ指定)しますので、ホームページのデータを格納するサーバの使用料を支払うだけで手間なく、リアルタイムに自店の展示車をホームページ上で公開することができます(グループ在庫ネットワーク機能も有償で構築します)。ホームページへのアクセスログの出力が可能となっておりますので、アクセスユーザーが注目している展示車両も容易に把握でき、効果的な営業活動につなげることができます。
 中古車ポータルサイトとの連携に関しても、手始めにブロードリーフが開設・運営する「CarPod.Jp」との連携環境を提供します。「CarPod.Jp」への展示車の掲載料はキャンペーン対象店については無料という特典付きです。「CarPod.Jp」を皮切りに有力な中古車ポータルサイトとの連携環境を順次、具体化していく計画です。

 なお、「VX.NS」の製品概要は、次のとおりです。

(※1)WindowsアプリケーションだけでなくXML WebサービスやWebアプリケーションなどWebベースなアプリケーションとの親和性などを取り入れた環境。

<「VX.NS」の製品概要>
・名  称:VX.NS(ブイエックス ドットエヌエス)
・機  能
基本機能:在庫登録、在庫検索、見積・注文書作成、ホームページ作成代行
オートオークションサイト連携
グループ在庫ネットワーク連携
ポータルサイト連携(現時点ではCarPod.Jp、順次、大手ポータルサイトに展開予定)
・装備データ(随時更新)
類別型式情報:34万点以上  
新車カタログ情報:106,646型式分以上
タイヤサイズ情報:49万点以上    
メーカーオプション情報:59,719件以上
バッテリー規格情報:45万点以上   
ディーラーオプション情報:194,746件以上
全国住所データ:47万件以上
・販売方法:ブロードリーフの直販
・利 用 料(税別)
基本システム費:70万円(5年リース使用)
初期導入サポート費:15万円
Web公開用サーバ使用料:
展示車のデータが30台分まで4,500円/月
     同   60台分まで9,000円/月
     同   90台分まで13,500円/月
     同  120台分まで18,000円/月
     同  150台分まで22,500円/月
     同  180台分まで27,000円/月
    ※180台以上の展示車の掲載が可能
キャンペーン対象店:基本システム費が30万円(3年間の使用権購入)、初期導入サポート費と「CarPod.Jp」への展示車の掲載料が無料となります。
※Web公開用サーバの使用が必須になります。
・販売目標:本年度(2007年度)360システム、2008年度920システム
以 上

【株式会社ブロードリーフについて】
 株式会社ブロードリーフは、ソフトウェアメーカーとして、携帯電話販売代理店向け販売管理ソフトのほか、自動車修理工場、自動車部品商、機械工具商、工務店等に業種特化型のパッケージシステムを提供しています。各業種が持つ固有の業務環境に合わせた業務システムを、業務に不可欠な各種データベースとともに提供することを特徴としており、約4万社に当社システムをご利用いただいております。
 ITおよびネットワーク技術など先進技術を駆使し、各業種・業態に特化した新たなシステム事業を展開します。
 また、親会社である事業創出会社ITX株式会社及びそのグループの事業戦略とのコラボレーションも推進し、ユーザーのビジネスの発展を強力に支援することで、IPO(株式公開)を早期に実現させ、ユーザーから一層の信頼が得られる企業になることを目指します。

【会社概要】
名  称:株式会社ブロードリーフ(URL=リンク)
創  立:2005年12月
資 本 金:78億8,500万円〔2007年1月現在〕
代 表 者:代表取締役社長 大山 堅司
売 上 高:165億円〔2006年度〕
従業員数:1,029人〔2007年3月現在〕
株  主:ITX株式会社グループ(100%)
本社所在地:東京都品川区東品川4-12-2品川シーサイドウエストタワー
TEL.03-5781-3100(代表)
事 業 所:営業・サポートネットワーク 全国42拠点〔2007年3月現在〕
開発拠点:札幌、東京、福岡の全国3拠点〔2007年3月現在〕
事業内容:
【各業界・業種別システムパッケージの開発・販売事業】自動車整備システム「スーパーフロントマン」をはじめとする各種自動車業界向け業務用システムパッケージや自動車以外の各種業界・業種別の業務用システムパッケージ(在庫管理、顧客管理、見積・売上・請求書管理等)およびデータベースの開発・販売・サポート。
【各種ITソリューション事業】上記各システムパッケージに関連するさまざまな次世代システムの開発・販売・運営管理・サポート。 自動車リサイクル部品共有在庫ネットワーク「パーツステーションNET」や、Web利用の自動車部用品専用流通システム「パーツde.com」の開発・販売・運営管理・サポート。
【対象業界・業種】補修・販売・買取等自動車アフターマーケット全般、機械工具、農業関連、文具事務機器、住宅工務、携帯電話販売、大手IT関連企業等。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事