logo

株式会社ナレッジデータベースがシステム開発のメインフレームワークに「symfony」を採用

京都大学発の学生ベンチャー株式会社ナレッジデータベースが、PHPを用いたシステム開発のメインフレームワークとして「symfony」 を導入することを正式に決定いたしました

京都大学発の学生ベンチャー株式会社ナレッジデータベース(所在地:京都市 代表:藤本貴士 以下:ナレッジデータベース)は、PHP開発のフレームワークとしてsymfony を導入することを正式に決定いたしました。


symfony は MVC モデルに基づいたオブジェクト指向を採用することで生産性の高いwebアプリケーション開発を可能にしています。現在PHPのフレームワークは数多くありますが、symfonyは米Yahoo!のフレームワークに採用されるなど、その生産性や安定性は世界的に評価されています。

ソーシャルブックマーク最大手のdel.icio.usの次期バージョンもsymfonyによる開発が進められており、今後symfonyを用いたアプリケーション開発はますます増えていくと予想されます。


ナレッジデータベースでも2007年にリリースした「技術者のためのナレッジデータベース」(リンク)はsymfonyを用いて開発しました。
このサイトは企画からリリースまでわずか3日というスピードで立ち上げ、短期間で品質の高いwebアプリケーションの構築を実現しています。このようにsymfonyの導入は、多様なWeb世界のニーズに素早く対応できるという点で非常に有効であると考えております。


ナレッジデータべースではsymfonyを用いたアプリケーションを多数開発してきましたが、この開発過程で得られたsymfonyに関するナレッジは弊社の技術系情報サイトであるナレッジデータべース(リンク)で公開しています。

現在もsymfonyを導入したプロジェクトが複数進行していますので、symfonyに関する有益な情報を提供できると考えております。


今後も、ナレッジデータべースはWeb世界のニーズに応じたアプリケーションの開発を行い、そのようなアプリケーションを提供することで社会に貢献できるよう一層の努力を重ねてまいります。


ナレッジデータベース
リンク


symfony
リンク


【会社概要】
 ■会社名  株式会社ナレッジデータベース
 ■代表者  藤本貴士
 ■資本金  2430万円
 ■設 立  2007年5月17日
 ■所在地  〒604-0924京都市中京区一之船入町537リベルタス御池703号
 ■TEL  075-212-7686
 ■URL    リンク
 ■事業内容 
  ・knowledge databaseの運営
  ・ソーシャルデータベースサービス
  ・VEIT
  ・SaaS開発
  ・インターネット広告
  ・検索アルゴリズムの開発

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社ナレッジデータベース
 ■担当者 藤本貴士
 ■TEL  075-212-7686
 ■Email contact@knowledge-db.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。