お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Skypeゲートウェイ「SkyStone」の最新アドオン「Skystone ACD (Automatic Call Dispatcher)」のリリースのお知らせ

SkyStoneを導入することにより、企業は既存のIP PBX、IVRを経由し、Skypeクライアントからの電話も、公衆電話回線網(PSTN)からの電話も既存のIP電話で対応可能になります。

E-Mail署名に「Skype-Me」ボタンを配置しSkypeからのコールをPBX経由で直接オフィスの自分の電話に着信させたい、同一Skypeアカウントへの複数コール着信機能や、内線電話へのダイレクトコール機能などを追加したい、という皆様からのご要望にお答えするため、最新アドオン「SkyStone ACD(Automatic Call Dispatcher)」をリリースいたしました。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(〒 238-0048 神奈川県 横須賀市 安針台 17-3 代表取締役社長:柴山浩、以下「弊社」)は、このたび、イタリアのSTONEVOICE社(STONEVOICE S.R.L. , Via Piave, 46, 20010 - Santo Stefano Ticino (MI), CEO: Christian Bongiovanni)と国内販売総代理店契約を結び、2007年10月より、同社の「SkyStone」(企業IP-PBX対応Skypeゲートウェイ)の日本国内における販売を開始させていただきました。

この度、E-Mail署名に「Skype-Me」ボタンを配置しSkypeからのコールをPBX経由で直接オフィスの自分の電話に着信させたい、同一Skypeアカウントへの複数コール着信機能や、内線電話へのダイレクトコール機能などを追加したい、という皆様のご要望にお答えするため、最新アドオン「SkyStone ACD(Automatic Call Dispatcher)」をリリースいたしました。また新アドオンのリリースの伴い、SkyStone最新バージョン「SkyStone ver.1.1」も同時リリースいたします。

SkyStone ACD 関連ウェブサイト:
リンク

SkyStone ACD Systemガイド:
リンク

SkyStoneACDをSkyStoneにアドオンすることにより、以下の機能を追加することができます。

・同一Skypeアカウントへの複数コール着信機能 (空き回線自動選択)
・Skypeから内線電話へのダイレクトコール機能(DID)
・SkyStoneサーバ間での負荷分散機能による冗長性および拡張性

SkyStoneACDはSkypeからのすべての着信をキャッチし、複数のSkyStoneサーバ上で有効な回線へ自動的に転送します。これにより、冗長性や拡張性を提供いたします。

SkyStoneACDは以下のようなニーズをお持ちの企業に、特にお使いいただけるように設計されました。

・SkyStone上の同一Skypeアカウント(例:会社の公式アカウント: stonevoice-sales)に複数同時着信。
・各ユーザのE-mailの署名に「Skype-me」ボタンを配置(DID)、Skypeからの着信を直接オフィスの電話器に着信。
・多くのSkyStoneチャンネルを持たせたい、あるいは複数の予備マシンによるサービスの信頼性を向上。
SkyStoneACDは着信をキャッチし、空いているSkyStoneチャンネルに転送します。


機能の概要:
複数のSkyStoneサーバをスムーズに統合
ソフトウエアベース: インストールは簡単で、設定も容易(プラグアンドプレイ)。
WindowsベースのOS上で動作します(XP or 2003[英語版]) 。
パワフル: 複数のディスパッチャーを同じPC上で動作させることができます。

弊社 SkyStone 関連ウェブサイト:
リンク

Skystone ver.1.1/Skystone ACD評価版ダウンロード:
リンク

SKYSTONEとは:
STONEVOICE社が開発したSkyStoneは、IP通信環境や既存のPBXをSKYPEに接続できるSkypeゲートウェイを提供します。SkyStoneは標準プロトコルであるSIPやH.323を使用してPBXとSkypeを共用しSkypeコミュニティとつなぐための真のソリューションを提供いたします。SkyStoneは、CISCOユニファイドコミュニケーション、Asterisk、を含む既存のIP PBXとシームレスな統合が可能です。
SkyStoneを導入することにより、企業は既存のIP PBX、IVRを経由し、Skypeクライアントからの電話も、公衆電話回線網(PSTN)からの電話も既存のIP電話で対応可能になります。同時にSkypeをバーチャルキャリアとして使用することによる大きなコストメリットを享受できるようになります。

STONEVOICE社について:
STONEVOICE社:
Head Office in Milan: Via Piave, 46
20010 - Santo Stefano Ticino (MI)
Tel: (+39) 02-97482.200
Fax: (+39) 02-97482.222
URL:リンク
e-mail: info@stonevoice.com

会 社 名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代 表 者:柴山 浩
設   立:2006年5月 
業務内容:システム開発・運用、翻訳・通訳、クロスカルチャー研修業務など
所 在 地:〒238-0048横須賀市安針台17-3-502
TEL:046-821-3362 FAX:046-821-3306
U R L : リンク


この件に関するお問合せ先:

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
販売事業部 担当:木幡
TEL: 046-821-3362 / FAX: 046-821-3306
Email: skystone@cba-japan.com

関連情報
http://cba-japan.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。