お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CSR、UWBテクノロジー普及を加速

WiMedia Allianceの委員会メンバーに選出

CSR plc は、本日、当社シニア スタンダーズ アーキテクトであるKristine OverlaurがWiMedia Allianceの委員会役員に任命されたことを発表。WiMedia Allianceは、コンスーマー市場におけるUWB(超広帯域無線)Bluetoothの普及を目的とする理事会。このたびの任命を受けて、CSRのUWBテクノロジーは、世界中の携帯電話やその他の電池式ポータブル デバイスに採用される見通し。当社UWBシングル チップ シリコンは、2008年下期に投入され、2009年に量産化が行われる予定。

短距離では通常のBluetoothの100倍のデータ転送速度を誇るUWBは、携帯デバイスによるビデオ コンテンツの共有など、データ量が膨大なアプリケーションへの採用が期待される。当社のUWB Bluetooth 製品は、Bluetoothの低消費電力という特長を維持しながら、既存のBluetoothエコシステムにフィットするように設計されており、2009年には多くのモバイル デバイスに搭載される予定。

CSR社、シニア スタンダーズ アーキテクト、Kristine Overlaurは、「CSRは、WiMedia Allianceに、またUWB市場のグローバルレベルでの急速な発展を確かなものとするために、将来にわたって貢献を続けてゆきます。CSRは、高度に統合された低消費電力CMOSワイヤレスの開発、製造を専門としており、UWB市場の需要に迅速に対応できると考えています」と述べた。

Overlaurは、ノキア、サムスン、ソニーなどの企業の上級役員とともに、WiMedia Allianceを支える。

お問い合せ先
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。