お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アジア太平洋地域の住宅向け光ファイバーサービス

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行されました。

アジア太平洋地域ではブロードバンドサービスへの移行が進行中で、インターネットアクセスは過去10年間大幅に成長した。関係企業・機関は世界の動きに遅れないため、オペレータにネットワークのアップグレードを依頼し、今後の需要を見込んで高速ブロードバンドサービスを導入している。この地域ではブロードバンド加入率が上昇しているが、技術、インフラ、市場、価格設定、CPEコスト、規制、そして場合によっては地域性の差異によって、成長率は国によって大きく異なる。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「アジア太平洋地域の住宅向け光ファイバーサービス」は、ブロードバンド市場の発展においてさまざまな段階にあるアジア太平洋地域の6カ国(日本、韓国、香港、台湾、中国、インド)におけるブロードバンドと光ファイバーの取り組みを調査している。記載している項目は、戦略分析、ビジネスチャンス、様々なブロードバンド技術の誇大広告と落とし穴、FTTHサービス導入を左右する技術要因などである。主要なオペレータのプロファイルも掲載している。

◆調査レポート
アジア太平洋地域の住宅向け光ファイバーサービス:大規模導入に向けたビジネス環境、オペレータ戦略、促進要因
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。