logo

ALSIの中国現地法人、日中国交正常化35周年記念行事 「湖北ジャパンウィーク」(開催地:湖北省武漢)に協賛

アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 徳男、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)の中国現地法人である、阿爾卑斯系統集成(大連)有限公司(以下、ALSI大連)の子会社である、阿爾卑斯系統集成(大連)有限公司 北京分公司(以下、ALSI北京)は、日中国交正常化35 周年を記念して中国湖北省政府と北京の日本大使館が共催する「湖北ジャパンウィーク」に、賽尓教育科技発展有限公司(以下、CERNET教育)〔※1〕と共同で協賛いたしました。

■開催概要

 ・名称:湖北ジャパンウィーク
 ・期間:2007年12月14日~16日
 ・会場:武漢大学、湖北省美術大学
 ・主催:湖北省人民政府、在中国日本国大使館
 ・概要:湖北省武漢において、大使講演、経済セミナー、茶道、華道、
     アニメ・漫画展、写真展、日本政府関連団体によるPR活動等、
     日中交流イベントを開催。


 「湖北ジャパンウィーク」は、中日国交正常化35周年を記念し、両国国民の相互理解と友好を促進するため、湖北省人民政府と日本在中大使館の主催により、武漢大学および湖北美術大学にて開催される大型イベントです。

 ALSI北京は、『各種の文化行事を通じて湖北省住民の皆様が日本への理解を深め、住民参加型の楽しい行事を実施する大規模な行事であり、政府機関だけでなく、関連団体や日系企業のオールジャパンで協力し、中国の地方への広報活動のモデルケースとする〔※2〕』という開催主旨に賛同し、大使館からの承認をいただき協賛いたしました。

 今回「湖北ジャパンウィーク」では、ALSI北京の協業会社であるCERNET教育と共に、語学教育システムを出展いたします。語学教育システムは、日本においてはALSIの子会社であるチエル 株式会社が開発・販売しており、2007年4月にALSI大連の子会社(分公司)として、北京に設立した販売拠点(ALSI北京)の事業の柱の一つにすべく、これまでに日本で培ったビジネスを中国にも応用発展させることを目指しています。現在ALSI北京では、企業・学校向けにALSIのセキュリティ製品や、チエルの教育関連製品を販売しております。

 当日会場では、日本と中国の有史以来2000年以上続いている留学生の交流の歴史について、クイズ形式のパネル展示を行いました。クイズに答えていくうちに、ALSI北京とCERNET教育が進める語学教育システムの理解も深まるような構成であり、日本と中国の相互理解を深め、今後はさらに語学学習システムのさらなる普及につながるよう活動してまいります。



■会社概要

 ・社名:阿爾卑斯系統集成(大連)有限公司 北京分公司
 ・英文名:ALPS SYSTEM INTEGRATION(DALIAN)CO.,LTD.BEIJING BRANCH
 ・設立:2007年4月2日
 ・代表者:総経理 菅野 泰彦
 ・事業内容:セキュリティ製品の販売、教育関連製品の販売、情報処理機器等
       の販売、ソフトウェアの作成及び販売、ソフトウェアの開発請負、
       情報サービスの提供、情報処理機器の賃貸及び保守 等


※1:CERNET教育:中国の国家教育ネットワーク網CERNET(サーネット)の関係
   子会社で、2006年に資本金1億6700万元(約25億円)で設立された
   CERNETグループの教育システム事業を担う新しい会社です。
※2:『 』内は、在中国日本大使館の湖北ジャパンウィークに関するご案内
  (文化行事のコンセプト)より抜粋しています。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。


*******************************************************
【このリリースに関するお問い合わせ・取材受付先】

アルプス システム インテグレーション株式会社
管理部 広報グループ 桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp )
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050
URL: リンク
********************************************************

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事