logo

地方自治体の無線市場

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行されました。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「地方自治体の無線市場:地方自治体のWi-Fi、メッシュルータ、アプリケーション、ビジネスモデル」は、初期段階にある地方自治体によるWi-Fi市場を調査している。米国では、400以上の地方自治体がネットワークを導入しているが、導入初期の地域もあれば、停滞期にある地域もあり、自由なビジネスモデルが失われ始めている。市場が新たな目的を見い出し、地方自治体によるWi-Fiの真の価値命題を活かすことができるだろうか? 政治家は市民の期待を挽回できるだろうか? この市場は、優勢な大規模な通信ネットワークアクセスに最終的にはとってかわるという脅威になりうるだろうか?
この調査レポートは、地方自治体のWi-Fiネットワークの現状を考察し、長所と短所、私的利用と公のユーザーに対する利点を調査している。また、競合するブロードバンドサービスと地方自治体のWi-Fiとを比較している。メッシュ技術の発展や非ライセンスと治安に向けた無線周波スペクトルについて論考している。現在の市場の課題と考えうる新たな資金調達メカニズムなど、実行可能なソリューション、ビジネスの課題と計画を査定し、技術サプライヤのプロファイルや、地方自治体のWi-Fiサービスエリア、メッシュルーティングシステム機器による収益を分析している。

◆調査レポート
地方自治体の無線市場:地方自治体のWi-Fi、メッシュルーター、アプリケーションとビジネスモデル分析
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。