logo

エコス、プログラム自動生成ツール「esFoundation」のJava版を販売開始

プログラム自動生成ツール「esFoundation」のJava版を デバック、保守性向上の為に「esFoundation / Java V3.0」のソースコードを開示 1月初旬 より販売開始

ウェブのシステム開発を手がける 株式会社エコス(東京都目黒区、代表取締役:露木千尋)は、ウェブアプリケーションを開発ツール「esFoundation / Java V3.0 (イーエスファウンデイション ジャバ ブイサンテンゼロ)」 を2008年1月から本格的な全国販売を開始します

ウェブのシステム開発を手がける 株式会社エコス(東京都目黒区、代表取締役:露木千尋)は、ウェブアプリケーションを開発ツール「esFoundation / Java V3.0 (イーエスファウンデイション ジャバ ブイサンテンゼロ)」 を2008年1月から本格的な全国販売を開始します。 

最大の特徴は「Code Generator (コードジェネレート)」機能です。 アプリケーション設計書をExcelで手軽に作り、Java、JSP等ソースコードを簡単にプログラムソースとして自動生成します。 「esFoundation/Java V3.0」は、プログラム作成経験が浅い初心者でも、イントラネットで使うソフトや組み込みデバイス用ソフトなどをスムーズに作成できます。
本製品を利用する事で、1日500万ページビューにも耐えられるECサイトのシステム作りも可能です。

本システムの基礎となった「ECOSS Solution M3」は、2004年から金融、流通、通信などで採用されています。 
新シリーズで本年10月に先行発売した 「esFoundation/.NET V3.2 」 もご好評いただいております。
そこでこの度、さらに対応範囲を拡大し、多くの皆様ご利用していただける様に、「esFoundation」Java版のランタイム  
ソースコードを開示します。 デバッグのためのソースコードの閲覧、再販を含まないソースコードの改編が可能です。
初年度の販売目標は、500ライセンス。

■製品名■

「esFoundation / Java V3.0 (イーエスファウンデイション・ジャバ ブイサンテンゼロ)」

■販売方法■

販売方法は、WEB及びパートナー企業。 他社へのOEMも計画中。

■本製品の価格■

●FULL版 製品価格 (消費税別)
開発者ライセンス 1ユーザー 60,000円 ※ランタイムライセンスは、不要です

■「esFoundation / Java 3.0」の特徴■

●生産性の効率を上げてコスト削減
上記のメリットから生産効率を上げられ、開発規模が大きくなればなるほど得られる効果も高く、自社比較で3000万円の開発規模では従来よりも約50%の費用をカットできました。

●マルチプラットフォーム対応
対応OSはWindows、Linux等JDK5、JDK6が動作するOSで動作可能、
データベースはORACLE、MS-SQLに対応します。

●オープンソース
「esFoundation / Java V3.0」のランタイムのソースコードを開示します。
デバッグのためのソースコードの閲覧、再販を含まないソースコードの改編が可能です。

■詳細URL■ 
リンク

※記載している会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です
本件のお問合せ先// 
TEL : 03-5790-6600 FAX: 03-5790-6701 e-mail:info@ecoss.co.jp  担当: 松井

このプレスリリースの付帯情報

esFoundation コンセプト

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■Code Generator3つのメリット■

①システム開発の基本設計から運営開始までの期間を短縮
設計書を基にそのままプログラムコードを作成するので、実稼動に近いイメージのシステムを初期段階で作れるため、試験運用やプロトタイプ確認などの工数を減らし、開発期間を短縮できます。 さらに、利用者が目にするサイト内のページやメール内容などのテンプレートも用意。 更新作業もスムーズです。

②属人化を防ぎ、安定した品質のプログラムを保持
開発規模が大きく、開発者の人数が多くなるほどプログラムの品質にバラツキがでてきます。 自動生成なので、開発者の熟練度に影響されず、ソースコードのクオリティーを均一化し、さらに、人的要因のケアレスミスを防げます。

③仕様変更はいつでもすぐに可能
 データ項目やインターフェースの仕様変更があった場合、コーディング、設計の見直しや新たに必要なライブラリの開発などをせず、定義を書き換えるだけでスムーズに変更が可能です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事