logo

シンクライアントでマルチメディア再生が可能に。シンクライアント用動画高速処理ソフト「Wyse TCX Multimedia」 国内販売開始。

株式会社エム・ピー・テクノロジーズは、この度、シンクライアントに特化した高速動画処理ソフトウェア「Wyse TCX Multimedia」の国内販売を開始いたします。

2007年12月5日

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ

********************************************************
シンクライアントでマルチメディア再生が可能に。
シンクライアント用動画高速処理ソフト「Wyse TCX Multimedia」 国内販売開始。
********************************************************

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ(東京都新宿区 代表取締役会長 吉本万寿夫)は、この度、シンクライアントに特化した高速動画処理ソフトウェア「Wyse TCX(※1) Multimedia」の国内販売を開始いたします。

これまでシンクライアントソリューションにおいて困難だったマルチメディア利用を可能にした「Wyse TCX Multimedia」。マルチメディア再生能力を提供することにより、シンクライアント環境下で制限のあったeラーニングや企業内コミュニケーションのためのマルチメディア利用を現実のものといたしました。

「Wyse TCX Multimedia」は、クライアント側でデコードを行うため、サーバーリソースを開放しながら、エンドユーザーにアプリケーションを配信することができます。 また、このソフトウェアは、複数のシンクライアント向けインフラストラクチャ(Windows ターミナルサービス、Citrix Presentation Server、VMWare 仮想デスクトップインフラストラクチャ)環境下で動作が可能です。

現在、Wyse TCX Multimediaは、Wyse Thin OS のOS version 6.0(※2)以降を搭載したWyse V10L シンクライアントでサポートされます。本機能は、今後Wy s e シンクライアントの全V Class端末、Wyse V30L (Windows CE) 、WyesV50L(Wyse Linux)、V90L(Windows XPe)でサポートされる予定です。

※1:TCX=Thin Client Extension
※2:Wyse Thin OS version 6.0 今回同時販売開始

-----------------------------------------------------------------------

「Wyse TCX Multimedia」詳細はこちら
リンク

-----------------------------------------------------------------------

■Wyseシンクライアントとは
“世界No.1シンクライアントベンダー”Wyseテクノロジー社の「Wyse S10 ThinClient」は、僅か約3秒の超高速起動を誇るとともに、手のひらサイズの超コンパクト設計により、従来のPCでは考えられない省スペースを可能にします。さらに4.5Wという圧倒的な低消費電力で環境負荷とエネルギーコストを大幅に低減、シンクライアントの可能性を大きく広げる端末です。

「Wyseシンクライアント」詳細はこちら
リンク

-----------------------------------------------------------------------

■株式会社エム・ピー・テクノロジーズ会社概要
MPTは世界55ヶ国の、4,400にもおよぶ高級ホテルを中心にインターネットや映像配信ソリューションを提供している総合サービスプロバイダーです。日本国内においては、ITセキュリティ事業とともに映像配信ソリューションの開発提供を行っております。

★東証マザーズ上場(3437)

所在地 : 東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル
設立  : 2000年3月
代表者 : 代表取締役会長: 吉本 万寿夫
資本金 : 56億3,204万円
URL : ( リンク )

※記載の会社名および製品、商品名は、各社の商標または登録商標です。

★報道関係のお問い合わせ先
株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 
マーケティングチーム PR担当
TEL:03-5225-2501 FAX:03-5225-2502 E-mail:pr@mptech.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事