logo

異なる4つのストーリー展開を同時並行連載、読者投票で結末が変わる!業界初、分岐型ホラーノベル連載スタート!

株式会社パピレス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:天谷幹夫)は2007年11月29日より、携帯3キャリア公式電子書籍サイト『電子書店パピレス』で、業界初となるマルチ・シナリオ・ホラー『オグロサマ』の連載をスタートします。
『オグロサマ』は、紙書籍および電子書籍において高い人気を誇るホラー界の奇才・梅津裕一の書き下ろし最新作で、途中で物語が4つに分岐します。今回、4つの分岐を同時並行して連載し、最終的には読者の投票によってそれぞれのストーリーがまったく違う結末を迎えるという、デジタルならではの同時性・双方向性を備えた新しい試みです。

株式会社パピレスは、1995年11月よりパソコン通信で「電子書店パピレス」(リンク)を開設し、日本で初めて小説、実用書など電子書籍のダウンロード販売を開始しました。1996年インターネット進出以後、掲載冊数/販売冊数とも順調に伸び続け、2007年11月現在、協力出版社400社/掲載タイトル数72,000冊に達しています。
 2003年から携帯電話公式サイトでの電子書籍配信を開始、現在ドコモ、KDDI、SoftBankMobileそれぞれの公式メニュー電子書籍カテゴリ内で9サイトの公式メニューを運営しております。

今回パピレスは、携帯3キャリア公式電子書籍サイト「電子書店パピレス」内で提供する、定期購読型電子書籍サービス「ポケットマガジンPOP」(月額315円)の新たなコンテンツとして、読者の投票によって結末が変わるマルチ・シナリオ・ノベル『オグロサマ』の連載をスタートします。

『オグロサマ』はホラー界の奇才・梅津裕一の書き下ろし最新作。プロローグである『始まりの書』から、『黒の玉繭編』『朱の絹織編』『白のくくり糸編』『黄金の木編』」の4つに物語は分岐して、読者は任意のルートを選択して購読することができます。それぞれの物語の主人公と登場人物は共通ですが、ストーリー展開はまったく異なっています。

今回、業界初の試みとして4つの分岐を同時並行で連載し、それぞれの物語が最終的には読者の投票によってまったく違った結末を迎えます。結末部分で読者に選択肢が提示されますが、より多くの票を集めた展開のみが公開され、もう一方の結末は“幻のエンディング”として封印されることになります。

通常のマルチシナリオのゲームブックとは違い、リアルタイムでパラレルに進行していく展開を読者は楽しむことができます。分岐したシナリオ同士が絡み合い、すべてを読むことでより深く物語世界に浸ることができる、デジタルならではの同時性・双方向性を備えた新しいホラーストーリーの誕生です。

【内容解説】
 ある日、首にできた奇怪な痣《あざ》──。
 それは、まるで小さな子供に物凄い力で絞められたかのような痕だった。
知らないうちにできた傷跡が、たまたま小さな手形のように見える……
そう考えるのが普通だ。
しかし、小黒和彦には痣の原因に心当たりがあった。

「オグロサマの祟りかもしれない……」
 東京の大学に通っていた和彦は、5年ぶりに故郷「繭里庄」の土を踏む。
自分の生家・小黒の家の特異な信仰が、首の痣に深く関係していると考えたからだ。
「ほら、やっぱり戻ってきた」
 久しぶりに帰省した和彦を、あたかも予見していたかのように出迎える双子の妹、繭と絹。二人の美少女は一卵性双生児なのだが、お互いの顔立ち以上に小黒の女特有の「異質さ」が似ている。小黒家は特殊な女系一族で、代々女だけに伝えられ、守られてきた秘密がある。
それが、妹たちを異質な存在にしているのだ。
 そして、その秘密は小黒家だけでなく、繭里庄全体をも支配してきた。
逆らえば、呪われる。裏切れば、祟られる……。
恐怖で村人を支配するその力こそ、小黒家が信仰する──オグロサマなのだ。

 和彦の首にできた奇怪な痣。
小黒家の事業への融資を渋った銀行員の変死。
立て続けに村で起こる怪事件の数々……。
小黒家の異常な慣習と黒い歴史の中心にいるオグロサマとは、いったい……?

奇才・梅津裕一のノンストップホラーが、業界初のマルチ・シナリオ・ ノベルで登場!
血塗られた物語の結末は、アナタが決める……。

【著者プロフィール】
梅津裕一(うめつ ゆういち)
『妄想代理人』(原作/今敏)『闇魔術師ネフィリス』『アザゼルの鎖』(すべて角川書店・刊)など著書多数。ダークファンタジーな世界観で読者を魅了するホラー界の奇才。電子書店パピレスにおいて、『安楽死館』『猫鳴村のダキニ』(すべてキリック・刊)など電子書籍オリジナル作品を複数掲載しており、PC・携帯の読者からも熱狂的な人気を博している。

■連載開始
 2007年11月29日スタート(毎週一回更新、2008年4月終了予定)

■サイトアクセス
DoCoMo メニュー>電子書籍>小説>電子書店パピレス内「ポケットマガジン」
au メニュー>電子書籍>総合>電子書店パピレスDX内「ポケットマガジン」
SoftBankMobile メニュー>電子書籍>電子書籍>電子書店パピレス内「ポケットマガジン」

■報道関係お問い合わせ先
東京都豊島区東池袋3-23-14 株式会社パピレス 福井
Email: info@papy.co.jp 電話03-3590-9460 FAX 03-3590-9495 

このプレスリリースの付帯情報

表紙画像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事