logo

エイケア「迷惑メール配信対策委員会」を発足~ 迷惑メール撲滅に向けた、全社を挙げての取り組み ~

エイケア・システムズ、「迷惑メール配信対策委員会」を発足
~ 迷惑メール撲滅に向けた、全社を挙げての取り組み ~
エイケア・システムズ株式会社(本社:東京都港区、資本金:3億6,500万円、
代表取締役:有田道生、以下エイケア)は、迷惑メール対策の取り組みを
これまで以上に強化することを目的とした「迷惑メール配信対策委員会」を
発足いたしました。
■ 迷惑メールの現状 ■  
悪意を持った送信者による一方的な商業広告メール(いわゆる迷惑メール)の送りつけは、携帯電話等の端末利用者に苦痛や不快感を与えるものとして平成13年に社会問題化し、現在に至ります。

総務省では「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(平成14年)、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(平成17年)の執行や、電気通信事業者による自主的取組みの促進および技術的解決策の進展等、総合的な迷惑メール対策に取り組んでいます。しかし、迷惑メールの送信手法は年々巧妙化・多様化・悪質化しており、迷惑メール相談センター( リンク )が行った『平成19年度 迷惑メール受信状況についての調査結果』によると、回答者の9割が、1年前と比べて受信する迷惑メールの件数は「変わらない」「増加した」と答えています。

このような現状を重く受け止め、電子メール配信システムを提供する立場であるエイケアは、迷惑メール対策の取り組みを今まで以上に強化することを目的とした「迷惑メール配信対策委員会」を発足いたします。以下の活動を行うことにより、安全かつ健全なメール配信の促進につなげたいと考えております。

■ 活動内容 ■ 
1. メール配信時の注意事項(ガイドライン)の策定、啓発
1)ガイドラインの策定、啓発 ・ガイドラインは、ASPサービスのエンドユーザに十分ご理解いただけるよう、わかりやすい言葉で作成します。
・内容に関するセミナーを定期的に開催します。 ・関連法の改定や業界の動向を考慮し、随時改定を行います。
2)社内へのガイドライン内容の周知徹底 ・ガイドラインを、エイケア全社員に配布します。
・内容に関する社内セミナーを定期的に開催し、内容の周知徹底に務めます。

2. 通信業界における迷惑メール対策技術や製品の動向調査
1)電気通信事業者等による迷惑メール対策技術やソフトウェア機能の確認と、新製品リリース・ 新技術の動向調査
2)エイケアが提供するサービスのモニタリング結果を利用した調査 ・『ストッパー!迷惑メールフォルダ行き』のモニタリング結果を利用し、各携帯キャリアや 主要ISPの迷惑メール対策状況を調査し、常に最新状況を把握します。
3)エイケア製品へのフィードバック ・上記調査内容を開発部門にフィードバックし、エイケア製品の機能アップにつなげます。

3. ご契約者様に対するヒアリングの実施および回答内容の評価
1)ヒアリングの実施 ・ASPサービスご契約者様に対し、迷惑メール防止への対応状況およびメール配信運用状況を、サービスご利用開始前にヒアリングいたします。
2)回答内容の評価 ・ヒアリング結果を評価し、回答内容に問題があるご契約者様に対しては、改善のための支援をいたします。

4. 迷惑メールに関する問い合わせへの対応
1)問い合わせに対するエイケアの姿勢 ・迷惑メールに対する問い合わせには、誠意をもって対応します。
・確かな対応ができるよう、対応方法を記載したマニュアルを用意いたします。
2)健全なメール配信を指導する立場としてのエイケアの権限 ・必要により、受信者を配信対象から除外したり、配信業者(ASPエンドユーザ)に注意勧告を行います。

5. 不適切な配信が確認された場合の対応
1)不適切な配信のチェック方法 ・『ストッパー!迷惑メールフォルダ行き』によるモニタリング結果の他、上記2の調査結果を 踏まえ、各種ツールを用いて行います。
2)不適切な配信が確認された場合 ・内容の“不適切”レベルにより、配信業者に対し、注意勧告、ASP配信停止、ASP利用停止等 の措置をとります。
3)対応指針の策定 ・内容の“不適切”レベルに応じた対応指針を策定し、その指針に則って適切に対処いたします。

6. 外部団体への活動支援 1)外部団体への積極的な活動支援 ・ 総務省「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」 等の外部団体に対し、様々な情報提供および提案を積極的に行います。

■ 今後の予定 ■
11月
ASPエンドユーザおよびエイケア全社員に対し、ガイドラインを配布
ASPサービスの、迷惑メール防止に関する新機能をリリース
12月
ASPエンドユーザに対し、啓発セミナーを開催

■ 12月の啓発セミナー概要 ■
メールのプロが指南する
「健全なメールマーケティングのためのノウハウセミナー」
~企業のメルマガが直面する「迷惑メール対策」の現状と対策~

2007年12月12日(水)/トスラブ山王 10:00~
・基調講演  総務省総合通信基盤局 電気通信事業部  消費者行政課課長補佐 扇 慎太郎様
・エイケア講演  「エイケア・迷惑メール配信対策委員会」の内容について ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【エイケア・システムズ株式会社について】
会社名: エイケア・システムズ株式会社(英文名: A-Care Systems, Inc.)
本 社: 〒107-0061 東京都港区北青山1-3-6 SIビル青山 6F
資本金: 3億6千5百万円
代 表: 代表取締役 有田道生
URL: リンク
事業概要: メッセージングテクノロジを核とした、システムの導入コンサルティングからソフトウェア開発、システム運用までのトータルソリューションを提供。「MailPublisher」シリーズはASP、アプリケーションパッケージにて販売、700社の導入実績を誇る。2003年、業界に先駆けてプライバシーマークを取得。SPF、S/MIME電子署名付きメールの対応などセキュリティ強化に積極的に取り組み、2006年4月「ISO/IEC 27001:2005」の認証を取得。

【エイケア製品・サービスに関するお問合せ先】
エイケア・システムズ株式会社 営業部
フリーダイヤル:0120-60-9920 FAX: 03-5786-2651
Eメール:  info@a-care.co.jp

【報道関係お問合せ先】  
エイケア・システムズ株式会社
マーケティンググループ 森田、北村
電話: 03-5786-2655  FAX: 03-5786-2651
Eメール:  pr@a-care.co.jp (広報窓口) ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
■ 記載の会社名および商品名、ウェブサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事