logo

通信統合とQoSへ向かう米国ビジネス市場

通常のネットワーク設備による音声、ビデオ、データサービスの統合は、米国ビジネス市場で広範に受け入れられつつあり、米国の調査会社インスタット社が行ったユーザー調査結果によると、調査回答者の70%以上が、これらのサービスの2つか3つが組み合わされたサービスをすでに利用していると回答したという。

ユニファイドプラットフォームがユーザにとって身近になるにつれて、コンバージェンスとQoSが今日のWAN展開を支えていると、米国調査会社インスタット社は報告する。通常のネットワーク設備による音声、ビデオ、データサービスの統合は、米国ビジネス市場で広範に受け入れられつつある。インスタット社の調査回答者の70%以上が、これらのサービスの2つか3つが組み合わされたサービスをすでに利用していると回答した。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 調査結果は、統合化はコスト削減になることを示している
■ QoS/CoSの利用は増えている
■ 音声の優先性はQoS/CoSの主要な採用要因で、今後18カ月はビデオの重要度も増してくるだろう

インスタット社の調査レポート「米国のビジネス向けIP通信 2007年:コスト削減でQoSと統合WANの導入が進む - Cost Reduction Leads QoS and Converged WAN Adoption in the US」は、米国ビジネス市場におけるWANを調査している。米国のITプロフェッショナル1000人以上を対象としたインスタット社の「2007年ビジネスIP通信調査」から、現在と今後18ヶ月間の、音声、ビデオ、データサービスの統合の採用トレンドの考察、市場牽引要因と阻害要因、QoS/CoSの採用トレンドを記載している。

[調査レポート]
米国のビジネス向けIP通信 2007年:コスト削減でQoSと統合WANの導入が進む
Cost Reduction Leads QoS and Converged WAN Adoption in the US
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。