お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

USBによるハイブリッド型シンクライアント「Resalio Lynx」ver.2.0販売開始~既存PCの有効活用により、産業廃棄物の削減を実現!

SSL-VPN対応など新機能を搭載した、USBによるハイブリッド型シンクライアント「Resalio Lynx」ver.2.0の販売を開始いたします。

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ

********************************************************
USBによるハイブリッド型シンクライアント「Resalio Lynx」ver.2.0販売開始
~既存PCの有効活用により、産業廃棄物の削減を実現~
********************************************************

株式会社エム・ピー・テクノロジーズは、この度、SSL-VPN対応など新機能を搭載した、USBによるハイブリッド型シンクライアント「Resalio Lynx」ver.2.0の販売を開始することと致しましたのでお知らせいたします。

既存PCにUSBメモリーを挿入するだけで、手軽にシンクライアント化を実現する「Resalio Lynx」。
ハードディスクへのアクセス、CD-R等への書き込みや、USBメモリー等へのデータ保存も不可にするため、情報漏えいを防ぐと同時に、シンクライアントとリッチPCのハイブリッド利用を低コストで実現可能なソリューションです。

ver.2.0では、外出先からでも社内の機密資源にアクセス可能なVPNをより容易にセキュアに実現するSSL-VPNに対応。また、ユーザ情報保持機能により固定IPアドレスや、無線LAN接続情報など、ユーザに固有な情報は、秘匿領域として保持することが可能。また、ワンタイムパスワードなどのRADIUS認証を追加することも可能です。

豊富な対応機種で、リースの切れた古いPC、スペックの低いPC等にも使用可能※。既存PCを有効活用することにより、古いPCの廃棄が減少、産業廃棄物削減により環境貢献も可能な画期的なソリューションです。

※対応機種一覧はウェブをご覧ください。 リンク

--------------------------------------------------------------------

「Resalio Lynx」ver.2.0 詳細はこちら
リンク

--------------------------------------------------------------------

★SSL-VPN対応
外出先からでも社内の機密資源へセキュアなアクセスが可能な
VPNをより容易にセキュアに実現するSSL-VPNに対応。

★ユーザ情報保持機能
固定IPアドレスや、無線LAN接続情報など、ユーザに固有な情報は、
秘匿領域として保持することが可能。

★外部RADIUS認証対応※オプション
ワンタイムパスワードなどのRadius認証を追加することが可能。

★既存端末の有効利用
リースが切れたPCなど、多少スペックの劣る機種でも、
シンクライアントとして利用可能。

★情報の集中管理
USBデバイス内にはパスワードや個人を特定する情報はなし。
設定情報等はすべてサーバ側に存在。

★シンクライアントとリッチPCのハイブリッド使用
個人情報等にアクセスする場合はシンクライアント、
個人情報を扱わない場合は通常のPCとして利用。

★高セキュリティ
ハードディスクへのアクセス、CD-R等への書き込みや、
USBメモリー等へのデータ保存も不可にするため、情報漏えいも防止。

--------------------------------------------------------------------

■株式会社エム・ピー・テクノロジーズ会社概要
MPTは世界55ヶ国の、4,400にもおよぶ高級ホテルを中心にインターネットや映像配信ソリューションを提供している総合サービスプロバイダーです。日本国内においては、ITセキュリティ事業とともに映像配信ソリューションの開発提供を行っております。

★東証マザーズ上場(3437)

所在地 : 東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル
設立  : 2000年3月
代表者 : 代表取締役会長: 吉本 万寿夫
資本金 : 56億3,204万円
URL : ( リンク )

※記載の会社名および製品、商品名は、各社の商標または登録商標です。

★報道関係のお問い合わせ先
株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 
マーケティングチーム PR担当
TEL:03-5225-2501 FAX:03-5225-2502 E-mail:pr@mptech.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。