logo

光トランスポートネットワークの将来

米国の調査会社ヘビーリーディング社の新刊レポートが11月に刊行されました。

2007年に初めて、オペレータのDWDMネットワークにおける40ギガビット技術の導入が本格的な規模で開始したが、ようやく40Gが飛躍し始めた矢先に、もう100Gが登場してきている。米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「光トランスポートネットワークの将来:40Gと100Gへの道」は、100G DWDM導入への道筋と、その際に40Gが果たす役割に関して、最も包括的で将来を見すえた分析を掲載している。この調査レポートは、この市場の主要企業を対象に3ヶ月に渡って行った詳細なインタビューと、世界の100社以上のサービスプロバイダに行った40Gと100Gの導入計画についての、詳しい調査結果に基づいている。

------------------------------------------------------------
米国の調査会社ヘビーリーディング社は、次世代ネットワークのハードウエア、
ソフトウエアに関する分かりやすい分析を行い、キャリア、サービスプロバイダ、
ベンダに通信技術の定量的分析を提供しています。
日本国内の販売は、株式会社データリソース(東京都港区)が行っています。
------------------------------------------------------------

◆調査レポート
光トランスポートネットワークの将来:40Gと100Gへの道
The Future of Optical Transport Networks: 40G & the Road to 100G
リンク

◆米国 ヘビーリーディング社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事