logo

筑波大学、ノーテルの10ギガ・イーサネット・ソリューションをベースにキャンパス・ネットワークを刷新

検疫ネットワーク・システムの導入によって、セキュアなLANネットワークを実現

ノーテルネットワークス株式会社*(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平松敏之)は、国立大学法人筑波大学(茨城県つくば市、学長:岩崎洋一、以下筑波大学)が構築するキャンパス・ネットワークの刷新にあたり、ノーテルが提供する10ギガ・イーサネット・ソリューションを導入し、伝送速度、容量ならびにセキュリティ性の大幅な向上を実現したと発表しました。新たなネットワークの導入により、同大学の2万人に上る学生・職員は、オンライン・ラーニングなどの広帯域を必要とするアプリケーションの拡充や、今後のマルチメディアアプリケーションの活用、また学内事務処理の大幅な効率化を促進するネットワーク環境を実現しました。

今回の刷新にあたり筑波大学では、動画やマルチメディア・アプリケーションなどネットワークトラフィック増加に耐えうる大容量ネットワーク環境の構築に加え、不正アクセス防止やウイルスからの保護といったネットワーク内のセキュリティ強化を目標に設定しました。また、ノーテル独自の冗長化技術により、止まらないネットワークを実現し、ネットワークの帯域を無駄にすることなく効率的に冗長化を実現しました。


セキュリティ面においては、ネットワーク認証・検疫システムを導入し、学内LANに接続するクライアントPCにセキュリティ・チェックを行うことで、LANネットワークの不正アクセスや内部からのウイルス蔓延を未然に防ぐことができます。


筑波大学学術情報メディアセンター長である板野肯三教授は「学生や職員からの、ネットワークに対する要求は高まる一方です。10Gbpsクラスの超高速通信データ配信、高い安定性・信頼性・冗長性を実現するノーテルのイーサネット・ソリューションを導入することで最先端のキャンパス・ネットワークを構築することができました。誰もがネットワークの存在を意識せずに安心して利用できる環境を作り上げることができたと思います」と述べています。


ノーテル日本法人代表取締役社長 平松敏之は、「幅広い分野で最先端の研究を支える構内ネットワークに弊社のソリューションが採用されたことは大変光栄に思います。またこのたびのネットワーク構築を通して、学内のリソースへのアクセスをより簡素化し、今後のハイパーコネクティビティーの時代に適したネットワークソリューションを提供できたと確信しています。今後も、学術・研究の発展に貢献できる信頼性の高いネットワークの提供に努めたいと思います。」


筑波大学のキャンパス・ネットワークの構築には、信頼性かつ冗長性の高い機能を実現するノーテル独自技術であるR-SMLTを実装するシャーシ型レイヤー3スイッチ「Ethernet Routing Switch 8600シリーズ」、Wireless LAN環境等への情報コンセントも視野に入れ、インフラ基盤を確立する電源供給型(Power over Ethernet)エッジスイッチ「Ethernet Routing Switch 5500シリーズ」、ネットワーク認証・検疫ソリューション「Secure Network Access Switch 4050」、サーバーとファイアウォールの処理能力の負荷分散機能を持つアプリケーション・スイッチ「Nortel Application Switch 3408」を組み合わせて導入しています。


同ネットワークの設計・構築は、丸紅情報システムズ株式会社を通して行いました。


筑波大学について
筑波大学は、日本を代表する研究機関の集積地である筑波研究学園都市に、1973年に「開かれた大学」という理念のもとに創設された総合大学で、基礎から応用まで、文科系から理科系まで、体育や芸術なども含めて、幅広い領域をカバーしています。7つの博士課程研究科を中心として先端的な研究体制をとる一方、7つの学群による学部教育にも、既存の分野にとらわれない教育の体制が整えられています。スーパーコンピュータやネットワークは、国内の拠点大学としての設備を有し、学園都市の中でも中核的役割を果たしています。メインキャンパスは筑波研究学園都市を中心に、東京(大塚や秋葉原)キャンパスの他、全国に関係附属機関があり、約1万人の学部生と5千人を超える大学院生、常時1千人を抱える留学生及び、約4千人の職員が教育・研究活動を支えています。つくばエクスプレスの開通で、東京から学園都市までは45分の距離になり、首都圏とさらに連携しやすい環境となりました。筑波大学からは、前身の東京教育大学も含めると、3人のノーベル賞受賞者を出しており、一方で、有数のスポーツ選手を生み出すなど、幅広い実績があります。又、情報分野では世界的に評価されるようなシステムを生み出すような個性的な人材も数多く輩出しています。尚、筑波大学に関する詳細な情報は、リンクをご覧ください。


Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。


当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。
* その他、本リリースに記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。