お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

文書管理システムなどのセキュリティ強化対策に PBforDocumentと連携可能な暗号化モジュールオプションを発売

 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ(以下T-SS、東京都千代田区、代表取締役社長 林元徳)は、企業内で扱われる文書ファイルなどデジタルデータの情報漏洩と不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for Document (パイレーツ・バスター・フォー・ドキュメント、以下PBforDoc)」から暗号化モジュールをオプションとして2007年9月25日より発売致しました。

 現在多くの企業では、文書管理システムや業務システムが企業の様々なファイルデータを共有する便利なツールとして活用されています。こうしたシステムでは社員が簡単にファイルを取り出せる一方、情報漏えいなどが懸念され、セキュリティ対策が課題となっています。
 そこで、T-SSでは企業内で利用されるシステムとPB forDocumentの暗号化機能を連携できる「PBforDoc暗号化モジュール オプション」の提供を開始いたします。「PBforDoc暗号化モジュール オプション」は、PB for Doc形式でのファイル暗号化を行う為に必要な連携用APIを提供し、既存のシステムから直接指定した利用権限で暗号化することを可能にします。
 今まで、クライアントアプリケーションを利用し、利用者が暗号化をする必要がありましたが、これにより利用システムの機能として企業ポリシーに合わせた文書暗号化を自動的に行うことができるようになります。
 さらに、システム的にファイルの閲覧・印刷・編集・保存、利用期限の設定を行うことで、暗号化漏れや権限設定のミスなどを無くし、既存システムを活用したまま機密情報・個人情報の漏洩を強力に守ります。

製品概要
製品名:
Pirates Buster for Document 暗号化モジュール オプション Ver1.0
(パイレーツ・バスター・フォー・ドキュメント 暗号化モジュール オプション Ver.1.0)
製品構成:
暗号化モジュール
価格:
1,200,000円(希望小売価格)
対応ファイル形式:
doc、xls、ppt、pdf、txt、csv、bmp、dib、jpeg、jpg、jpe、jfif、png、gif、tif、tiff、wmf、emf、wmv、mpeg、mpg、asf、avi
動作環境:
PB for Doc Ver3.1以上が必要
J2SE 5.0以上
*詳しくは、製品紹介ページをご覧下さい。
      リンク

T-SSについて
T-SSはデジタル情報を安全に活用するためのソフトウェア、ハードウェア、サービスといった様々なソリューションを提供し、誰もが安心して使える情報ネットワーク社会の実現を目指す、セキュリティテクノロジープロバイダです。
1999年11月設立 代表取締役社長 林 元徳 資本金852百万円
リンク

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)
企画本部 企画グループ 広報担当
TEL:03-5835-0287  FAX:03-5835-0235  E-MAIL:press@trinity-ss.com
ニュースリリースページ:リンク


製品に関するお客様からのお問い合わせ先
 インフォメーションセンター
 TEL.:088-602-0171(9:00~17:00平日のみ)  FAX:088-602-0172
 E-MAIL:pb@trinity-ss.com
*本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名は、それぞれ帰属者の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。