お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windowsファイルサーバ監視ツールの新製品「FC1 Audit」製品版のトライアル試用のダウンロード提供を開始

価格50万円で、ファイルサーバの脆弱性診断機能によりサーバ評価も可能

データベース、セキュリティ管理などに特化したパッケージソリューションの企画・開発・販売を行う株式会社エグゼソリューションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 高橋 立広)は、Windowsファイルサーバ用の情報漏洩対策および監査用ソフトウェアの新製品「FC1 Audit」を、本日11月5日よりダウンロード提供による販売を開始いたしました。同ダウンロードサイトで提供するソフトウェアは、製品機能を30日間、試用して評価した後、そのまま本番利用することが可能です。

「FC1 Audit」は、ファイルサーバにエージェントをインストールする方式であるため、クライアントPCからの全ての操作を監視可能で、かつ、サーバ管理者による操作もチェックすることが可能なことから、コンプライアンス要求の高い業界のニーズにも応える精度の高い監査を容易に開始することができます。

また、「FC1 Audit」は、監査対象となるファイルサーバにインストールするスタンドアロン構成の他、「FC1 Audit」監査用サーバ1台で最大200台までのファイルサーバを監査対象としてFC1監査サーバで一元管理する構成が可能で、エンタープライズ規模のファイルサーバの内部統制体制を確立できます。

「FC1 Audit」は、株式会社インテリジェントソフトウェアー(本社:東京都中央区、代表取締役社長 長谷川 堯一)が開発した製品で、エグゼソリューションズがマスターリセラーとして販売しています。
「FC1 Audit」は、ライセンス買取りとレンタルの2つの提供方式があり、ライセンス価格は監視サーバ1台当り500,000円(税別)、年間レンタル価格は同 250,000円(税別)です。

「FC1 Audit」は以下からダウンロード可能です。
リンク
「FC1 Audit」の製品情報詳細は以下をご覧ください。
リンク



■「FC1 Audit」の監査内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1)ファイル分析
対象期間に、対象者が、特定のファイルに対して行った操作を分析

(2)ユーザ分析
対象期間に、特定ユーザが行った操作を、監査単位で分析

(3)行動分析
対象期間に、特定された操作を、どのファイルに誰が行ったかを列挙
対象期間:特定期間、特定曜日、特定時間帯
対象者 :ログインアカウント名、ユーザ名、クライアントPC名
操作内容:作成、参照、更新、削除、ファイル名変更、コピー、移動、アクセス権変更、属性変更、
所有者変更、不正アクセス
監査単位:ファイルサーバ全体、フォルダ、ファイル、ファイル種別


■「FC1 Audit」の価格
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
販売価格:ライセンス販売と、レンタル販売があります。

ライセンス価格 500,000円 (監視対象サーバ1台当り/税別)
※保守料金(ライセンスの20%)が別途必要となります。
レンタル価格 年間 250,000円 (監視対象サーバ1台当り/税別)
※レンタル価格には保守料金が含まれます。
※レンタルの初年度の契約期間は、最低2年間からです。

用語解説

■株式会社エグゼソリューションズについて
リンク
エグゼソリューションズは、情報システムのコンサルティング・設計・開発・保守を行うシステムインテグレータである株式会社システムエグゼの子会社として2007年4月に設立されたパッケージソフトウェアの企画・販売会社です。データベースおよびセキュリティ関連ソリューション、企業向け運用管理ソリューションを中心として、市場ニーズに合致した競争力の高い製品を企画・開発しております。
現在の取り扱い商品としては、「SSDB監査」「DataPointer」(システムエグゼ)、「Audit Master」「Performance Analyzer4」(アクアシステムズ)、「SecureSphere V.5.0」(米Imperva社)、「BMC Recovery Manager for Oracle」(BMC Software) 、「FC1 Audit」(インテリジェントソフトウェアー)、「CACHATTO」(いいじゃんネット)などがあります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。