logo

『CSI:マイアミ』モバイルゲーム ゲームロフト社がCBSと世界規模で提携 CSIシリーズが携帯電話へ

モバイルゲーム界のリーディングカンパニーが
世界最高視-聴率を誇るテレビ番組をゲーム化

【ロサンジェルス‐パリ - 東京】2007年11月1日―モバイルゲームの開発・配信元として業界をリードするゲームロフト社は本日、人気テレビ番組『CSI』シリーズを原作とするゲームを開発・販売するべく、CBSモバイル社と世界規模での複数年契約を結んだと、発表しました。日本においては、『CSI:マイアミ』モバイルゲームは、11月1日にYahoo!ケータイで配信を開始し、EZwebおよびi-modeでも順次配信いたします。

『CSI:マイアミ』の開発はゲームロフト社とCBSモバイル社によって行われ、『CSI:犯罪科学捜査班』のエグゼクティブ・プロデューサー兼クリエイターであるアンソニー・ズイカー氏も番組の製作者として積極的に関与し、開発を指導しています。モバイルゲームのデザインにあたっては、『CSI:マイアミ』の各話を特徴づけている魅力的な物語、ビジュアル、雰囲気、プロットの再現に力を注いでおります。

ゲームロフト社のパブリッシング統括責任者、ゴンザーグ・ド・ヴァロワは「CBSと仕事ができることに興奮しており、これが長期的な関係になることを期待しています」、「CSIシリーズはあらゆる層の視聴者を釘付けにし、プライムタイムの犯罪ドラマの基盤を作りました。そのCSIシリーズを、モバイルゲーム化することにより、インタラクティブな体験として楽しめるようになるのです」と語っています。

CBSモバイル社のズイカー氏は「CSIシリーズのファンはインタラクティブなエンターテイメントにも高い関心をもっており、本シリーズをモバイルゲーム化することで、この作品をさらにパワーアップすることができます」「ゲームロフト社と手を組むということに興奮しています。ゲームロフト社であれば、必ずやCSIシリーズのエッセンスを抽出し、それをハイクオリティーなモバイルゲームとして再現してくれることでしょう」と語っています。

CBSモバイルの取締役副社長、キリアック・ローディング氏は、「これはメディアミックスのクオリティーに新しい基盤を築く作業です。CSIのクリエイターであるズイカー氏が開発に直接参加してくれるのですから、CSIシリーズの名前を拝借しただけのゲームには絶対にしません。私たちはこれこそが真のメディアミックスだと考えています」とコメント。「ゲームロフト社は世界で最も優れたモバイルゲーム開発会社のひとつです。弊社は多くの一流企業と提携しており、提携企業は増え続けていますが、そこにゲームロフト社の名前を加えられたことを嬉しく思っております。ゲームの制作にあたり、ゲームロフト社は“モバイル”とはどういうことかを真剣に考えています。これはCBSモバイルのアプローチとまったく同じものです」と語っています。

『CSI:マイアミ』モバイルゲームは世界75カ国で配信され、Yahoo!ケータイではワイドスクリーン版も配信する予定となっております。
**********************
ゲームロフト社について
携帯電話用テレビゲームの開発と販売において国際市場をリードしているゲームロフト社は1999年に創業され、この分野における革新的企業の筆頭のひとつと見なされるに至っています。同社ではJava、Brew、Symbianを用いた携帯電話用のゲームを製作していますが、ゲームが可能な携帯電話の台数は、2008年には20億を超えるものと見られています。
Ubisoftエンターテイメント、ユニヴァーサル・ピクチャーズ、ドリームワークス・アニメーションズSKG、エンデモル、20世紀フォックス、ヴィアコム、ソニー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザーズ、フィットプロ、ランボルギーニ、ヴァンス、パリス・ヒルトン、デレク・ジーター、ヴィジェイ・シン、レジー・ブッシュ、レイトン・ヒューイットといったリーディング・ライセンサーやスポーツ・パーソナリティーとの提携により、ゲームロフト社は国際的ブランドとの間に強固な関係を築いています。また、これらの提携関係に加えて、ゲームロフト社は『ブロック・ブレーカー・デラックス』、『アスファルト:アーバンGT』、『ニューヨーク☆ナイツ』といったタイトルを所有、運営しています。

主要通信会社、携帯電話メーカー、専門販売業者とそのオンラインショップとの契約を通じ、ゲームロフト社は75カ国以上に販売網を持っています。

ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、モントリオール、メキシコ、ブエノスアイレス、パリ、ロンドン、ケルン、ミラノ、マドリッド、コペンハーゲン、ワルシャワ、ニューデリー、北京、香港、東京、シドニーなど、ゲームロフト社の事業所は世界各地にあり、ユーロネクスト・パリに株式を上場しています(ISIN:FR0000079600、Bloomberg:GFT FP、Reuters:GLFT.PA)。

用語解説

CBS放送について
マスメディア企業であるCBS放送(CBS Corporation)は、放送産業の黎明期までさかのぼれるほど長い歴史を持つ会社や、メディア産業の最先端で活動している新しい会社など、いくつかの会社によって構成されています。CBS放送は多種多様な活動を通じて幅広い事業展開と巧みに配置されたローカル・ビジネスを組み合わせることにより、広範な配給網を構築し、それによってアメリカ合衆国の50州すべてと重要な国際市場の視聴者とスポンサーに尽くしています。その活動は、テレビ放送(CBSおよびCBS放送とワーナー・ブラザーズの合弁ベンチャー企業であるCW)、ケーブルテレビ(ショータイムおよびCSTVネットワークス)、ローカルテレビ(CBSテレビジョン・ステーションズ)、番組制作と独立系番組(CBSパラマウント・ネットワーク・テレビジョンおよびCBSテレビジョン・ディストリビューション)、ラジオ放送(CBSラジオ)、家庭外メディアへの広告展開(CBSアウトドア)、出版(サイモン&シュスター)、インタラクティブメディア(CBSインタラクティブ)、音楽(CBSレコーズ)、ライセンス事業およびマーチャンダイジング(CBSコンシューマー・プロダクツ)、ビデオ/DVD(CBSホーム・エンターテイメント)など、メディアとエンターテイメントのほぼあらゆる分野に及んでいます。CBS放送についてさらに詳しく知りたい方は、www.cbscorporation.com.にアクセスしてください。
その他の情報につきましては、www.gameloft.comにアクセスしてください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事