logo

OBJECTIVE INTERFACE SYSTEMSがロボット開発向けの完全なミドルウエアソリューションを発表

2007年10月25日、カリフォルニア州サンノゼ~RoboDevelopment展~世界的な組込みリアルタイムシステム向け通信ミドルウエアの提供元であるObjective Interface Systems(以下、OIS)はロボティクスシステム向けの開発工程を簡素化する通信基盤製品と新しいセキュリティスタンダード製品で構成される(OISロボティクスプラットフォーム)を発表しました。

2007年10月25日、カリフォルニア州サンノゼ~RoboDevelopment展~世界的な組込みリアルタイムシステム向け通信ミドルウエアの提供元であるObjective Interface Systems(以下、OIS)はロボティクスシステム向けの開発工程を簡素化する通信基盤製品と新しいセキュリティスタンダード製品で構成される(OISロボティクスプラットフォーム)を発表しました。

自律型のセキュリティロボットや宅内介護ロボットから巨大な産業用機器まで、ロボティクスシステムの複雑さは増大する一方です。 複雑な構成であるにもかかわらず、ロボティクスシステムは機器同士またはヒューマンインターフェースとの通信をシームレスにそして高い信頼性の下に行わなければなりません。 OISロボティクスプラットフォームは画像処理、音声処理、センシング処理など膨大なデータプロセッシングに対して信頼性の高いソリューションを提供します。

OISロボティクスプラットフォームは高性能通信ミドルウエア製品であるORBexpress(R) RT、ORBexpress DSP、ORBexpress FPGAの3つのCORBA製品(Common Object Request Broker Architecture)で構成されます。 OISロボティクスプラットフォームはバラエティに富んだロボティクス開発に使用されるハードウエアアーキテクチャをサポートしています。 

その内容はGPP(general purpose processors)、DSP(digital signal processors)、FPGA (field programmable gate arrays)まで多岐にわたり、このマルチプロセッサのサポートによって、ロボティクス開発者は一旦共通のプラットフォーム上でコーディングしてしまえば、多岐にわたるハードウエア上の実行環境に同じコードを必要に応じて容易に使用することが可能であり、ロボティクス開発各社のソフトウエア開発コストの削減できます。

OISロボティクスプラットフォームは世界初の高信頼性通信セキュリティソフトウエアであるPCSexpressTM.も統合します。 PCSexpressは他のロボットやデータの完全処理などの包括的な認証をミリタリーグレードの暗号化技術により可能にします。 PCSexpressはハッカー、ネットワーク環境内のエラー、非認証の第三者などの攻撃からロボティクスシステムの安全性を保護することができます。

OIS社副社長のジョー・ジェイコブは次のように述べます。「CORBAは長年に亘り、ロボティクスシステムのスタンダードでした。 OISの通信ミドルウエアがサポートするCORBA IDLはシステム開発者をGPP、DSP、FPGAなどが混在する複雑なシステム環境下おいて重要な機能を異なるアーキテクチャに移動する度に通信プロトコルを書き直さなければならないという困難な作業から解放します。 異なる種類のプロセッサを包括的にサポートすることによって、OISロボティクスプラットフォームはコードの再利用や同じアプリケーションコードでの長年に亘る製品開発を可能にすることができます。」

OISロボティクスプラットフォームの特徴

- ロボティクスシステムのための、フレキシブルで高機能な通信基盤を提供するスタンダードベースのCORBA製品

- 制限された環境下のロボティクスアーキテクチャにおいて重要な、極小のフットプリントで実現可能な完全なミドルウエアソリューション

- 各工程毎のアップグレードが頻繁に要求される乗用車プラントなどで有効な、アプリケーションコードの再利用性能の増加に伴うプログラミングの簡素化を可能にするFPGA パーシャルリコンフィグレーションのサポート。 

- 高い堅牢性も兼ね備えた最高レベルのセキュリティの為に開発された通信ミドルウエア、PCSexpressによる安全性の高い通信のサポート

- TCP/IP、UDP、共有メモリ、イーサネット、PCI、PCI Express、RDMA技術(RapidIOTM や INFINIBAND)などのQoSサービスとの連携によって、トランスポートプロトコルの書き換えをすることなく通信を実現するトランスポートプラグイン機能

お問合せ

ORBexpress RT、ORBexpress DSP、 ORBexpress FPGA、PCSexpress,を含むOISロボティクスプラットフォームはOISからそれぞれのパッケージプライスにて発売中です。

OISロボティクスプラットフォームに関する詳細は;
www.ois.com/products                 
アメリカ国内:1 800-800-OIS7
ヨーロッパ各国:+33 (0) 6 68 35 15 45
日本国内:+81 (0)3-5623-2112
または、info@ois.com. まで

RoboDevelopment展について

Robotics Trends’ RoboDevelopment Conference and Expositionは2007年10月25日と26日の両日、カリフォルニア州サンノゼで開催されます。 RoboDevelopment展は多岐にわたるフォーラムや商用ロボット製品の設計/開発に関する展示会です。 詳細は www.robodevelopment.com.

About Objective Interface Systemsについて

OISは組込みリアルタイム向けの高性能通信ミドルウエアの世界的なベンダーです。OISは航空宇宙防衛分野、テレコミュニケーション、医療機器、データ通信、ファクトリーオートメーション、プロセスコントロール、交通、ロボティクス、コンシューマエレクトロニクスなどの市場要求に対応する高性能CORBA製品であるORBexpress、パブリック‐サブスクライブ技術を基礎とするOMG(Object Management Group)スタンダードであるData Distribution Service standard (DDS)、MILS (Multiple Independent Levels of Safety/Security)アーキテクチャを基礎とするセキュアな通信ミドルウエア開発ツールである PCSexpressなどの製品を提供しています。

詳細は www.ois.com. まで

ORBexpress is a registered trademark and PCSexpress and Objective Interface are trademarks of Objective Interface Systems, Inc.

PRESS CONTACTS (not for publication):
OBJECTIVE INTERFACEAlison
AlberichPhone: 703/295-6513
Email:alison.alberich@ois.com

OIS 東京事務所
宮本裕一
電話:+81-3-5623-2112
Email: yuichi.miyamoto@ois.com

VETRANO COMMUNICATIONS
Maria Vetrano
Phone: 617/876-2770
Email: m.vetrano@vetrano.com



2007年10月26日 12:00:00
From the Japan Corporate News Network
リンク
トピック: Corporate Announcement
セクター: Electronics General, 国際

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事