お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルバックホール分析

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが9月に刊行されました。

2007年の間はまだ、セルラーバックホール技術の主流はT1/E1である。だが、必要なバックホール機能が高まり、オペレータはコスト引き下げに焦点を当てているため、バックホール技術の構成は変わるだろう。2012年までに、マイクロ波は、6地域中4地域で主流になると米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「モバイルバックホール分析:グローバル動向とビジネスチャンス」は予測している。既存の銅線や光インフラと同様、イーサネットベースのソリューションは先進国市場に投入される。バックホールネットワークの移行では、コスト削減と信頼性が鍵となる。この調査レポートではモバイルバックホールのグローバル市場について包括的な調査を行っており、現在および将来のビジネスチャンスと動向を洞察している。また市場のセグメント別データによって地域別および技術別の共通点と差違を明示している。


◆調査レポート
モバイルバックホール分析-グローバル動向とビジネスチャンス:T1/E1、マイクロ波、銅線イーサネット、光イーサネット、CATVの収益、CAPEX、OPEX
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。