logo

モバイルインターネットデバイスとウルトラモバイルPC

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが9月に刊行されました。

2009年までは、技術的制約とASPの高いことが障害となるものの、ウルトラモバイルPC(UMPC)の市場は安定して成長し、2012年の出荷台数は468万台に達するだろう。モバイルインターネットデバイス(MID)は消費者の関心を集め、2012年までに9000万台が出荷されるだろう。MIDのユーザー層には、ライフスタイルブーマー、ジェネレーションY(Gen Y)ソーシャルネットワーカー、若者ゲーム愛好者、倹約的なジェネラリスト、マルチメディア愛好者などの特性がある。UMPC技術の課題は、Vistaのアプリケーションを動作可能な低消費電力CPU、より安価なディスプレイ、寿命が長いバッテリー、より安価なフラッシュドライバ、そしてよりユーザーフレンドリーな入力デバイスに対するニーズである。携帯型のインターネットデバイスは、専用デバイスとの厳しい競争が強いられており、その結果、スマートフォンと特定のUMPCが発展している。無線接続は、MIDの重要な機能となり、モバイルWiMAXとWCDMA接続は、不可欠なコンポーネントとなるだろう。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「モバイルインターネットデバイスとウルトラモバイルPC:市場分析と予測」は、携帯型のインターネットデバイスやウルトラモバイルPCなどのウルトラモバイルデバイスについて調査している。また、市場の将来性、技術課題、市場に参入している主要ベンダの戦略、ユーザー層と新しいプラットフォームの導入を促進する主要アプリケーションタイプについて記載している。


◆調査レポート
モバイルインターネットデバイスとウルトラモバイルPC:市場分析と予測
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。