logo

日本アバイア、Microsoft(R) Office Communications Server 2007への対応を発表

~テレフォニー連携によるユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを提 供~

日本アバイア株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長 藤井 克美、以
下、日本アバイア)は、同社のコミュニケーション・ミドルウェア「Avaya
Application Enablement Services」の次期バージョン(2007年12月提供予定)を、
マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:ダレン ヒュース
トン、以下、マイクロソフト)が本日発表した「Microsoft(R) Office
Communications Server 2007(以下、Office Communications Server 2007)」に対応させることを発表します。Avaya Application Enablement Servicesは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」のCTI連携に用いるミドルウェアです。これにより、Avaya Communication ManagerとOffice Communications Server 2007のユーザー企業は、Microsoft Officeなどのアプリケーションと社内電話システムを統合するユニファイド・コミュニケーションを実現し、従業員の生産性を向上することができます。

近年、テレフォニー機能と業務アプリケーションとを連携し、従業員の生産性向上を
図る目的でIPテレフォニーを導入する企業が増えています。アバイアは、2006年3月
に発表したマイクロソフトとのグローバルなパートナーシップのもと、SIP(セッ
ション・イニシエーション・プロトコル)をベースとしたテレフォニー連携機能を開
発し、本年2月から、Avaya Application Enablement ServicesをOffice
Communications Server 2007の前バージョンである「Live Communications Server 2005」に対応させ、マイクロソフト・ユーザー向けのユニファイド・コミュニケー
ション・ポートフォリオ「Avaya Unified Communications Solutions for
Microsoft」として提供しています。同ソリューションにより、企業は、Microsoft
Office Communicator、Outlook、Excel などのOffice アプリケーションの個人情報
スマートタグからアバイアの電話機やソフトフォンを制御し、通話の発信や応答、通
話のプレゼンス表示が可能です。

アバイアがMicrosoft Office Communicatorで提供するテレフォニー連携の特長は下
記の通りです。

■ユーザーの利便性を向上する「Click to Communicate」機能
Microsoft Office Communicatorから登録済みの連絡先をマウス操作することで、通
話発信できます。

■携帯電話での通話状況もプレゼンス表示可能
FMC(Fixed Mobile Convergence:固定通信と携帯通信の融合)アプリケーション
「Avaya one-X(TM) Mobile 」により、携帯電話をPBX内線として利用している場合の
通話状況もOffice Communicatorのプレゼンス表示に反映されます。

■着信呼をボイスメッセージシステムへ自動転送
アバイアのSIP対応IPメッセージング・ソリューション「Avaya Modular Messaging」
と統合することで、PowerPointプレゼンテーションをスライドショーモードで閲覧中
などMicrosoft Office Communicatorのプレゼンス表示が「応答不可」の場合、着信
呼がボイスメッセージシステムへ自動転送されます。

■不在着信や通話の転送の通知メール
テレフォニー機能部分とOutlookとの統合により、不在着信や通話の転送が電子メー
ルの形で通知され、Outlookの受信トレイに通知メールが届きます。

■ソフトフォンとの連携で、より多くのテレフォニー機能を提供
クライアント統合で Avaya IP Softphone と連携することにより、Office
Communicatorや Microsoft Office System からより多くのテレフォニー機能が利用
可能です。(Avaya IP Softphone のインストールが必要となります)


アバイアの Microsoft Live Communications Server 2005、Office Communicator のテレフォニー連携 (フラッシュデモ)は下記から参照できます。
リンク

日本アバイアは、マイクロソフトとの協業を通して、引き続き市場ニーズに対応する
製品を提供していきます。


アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:
AV)は企業の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・
ソリューションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コ
ミュニケーション、コンタクトセンター向けソリューション、
Communications-Enabled Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE
500社の90%を含む世界の100万社以上の企業に採用されています。また、アバイア・
グローバル・サービスはあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供し
ています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。Avaya one-XはAvaya
Inc.の商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事