お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HOWS、デザイン会社と業務提携し、Ajaxを用いた業務システムのデザイン性を強化

-Ajaxを用いたWebシステムのユーザ操作性とデザイン性を融合-

株式会社HOWS(以下:HOWS、本社:東京都台東区、代表取締役社長:大塚 裕章)は、株式会社ソックス・ビジュアル・デパートメント(以下:SOX、本社:東京都渋谷区、代表取締役:二宮 浩)とAjaxを用いた業務システムのユーザインタフェースデザインを共同で提案・受注活動をおこなっていくことを決定し、業務提携することで合意しましたので発表いたします。


近年、業務システムのWeb化において既存システムと同等の操作性が求められ導入が相次いでいるリッチクライアント市場ですが、このところAjax技術などの登場により、そのユーザインタフェースは、動的な表現力、画面操作性の向上はもちろん、視覚的にさまざまな効果をもたらし、既存システム以上の使い勝手を実現するユーザインタフェースデザインへのニーズが高まってきています。しかし、業務システムの開発において、システムの機能開発とデザイン開発は、切り離される事が多く、各々の強みを活かしきれていないのが現状です。


HOWSでは、これらのニーズに応えるため、システムの機能開発と斬新なアイディアによるデザイン性を融合させることが重要であり、これらを実現するためには、Ajax技術が欠かせないものと考えています。


 今回提携するSOXは、グラフィックデザインを中心としたクリエイティブ制作会社であり、そのユニークな発想により、商品パッケージをはじめ、セールスプロモーションからCSRまで企業活動におけるコミュニケーションデザインを幅広く手がけています。HOWSでは、企業へのデザイン実績が数多くあるSOXと提携することで、業務システムにおける機能開発のみならず、ユーザの視点にたった、ユーザインタフェースの在り方を追求し、新しい業務システムユーザインタフェースを企業に提供していきたいと考えております。


今後、両社では、相互に協力して既存の顧客および新規顧客に対して、Ajaxを用いたユーザインタフェースの提案及び開発案件の受注活動をおこってまいります。また、SOXは、HOWSが開発するAjaxを用いた製品やサービスなどのユーザインタフェースデザインをおこなっていく予定です。


これにより、ユーザ企業は、業務システム特有の簡素なデザインではなく、操作性とデザイン性に優れた業務システムを容易に導入することが可能となります。


【株式会社ソックス・ビジュアル・デパートメントについて】
社 名  :株式会社ソックス・ビジュアル・デパートメント(リンク
代 表  :代表取締役 二宮 浩
本 社  :東京都渋谷区神宮前3-25-14エスラ原宿4F
創 立  :1984年3月19日
資本金 :1,500万円
事業内容:
ユーザと企業をつなぐインターフェイスとしてのデザインに価値をおき
デザインによる価値増大のための活動をモットーとする
■ 商品・パッケージの企画/制作
■ セールスプロモーション企画/制作
■ 会社案内/CSRリポート


【株式会社HOWSについて】
社 名 :株式会社HOWS(ハウズ)(リンク
代 表 :代表取締役社長 CEO  大塚 裕章
代表取締役副社長 CTO 庄司渉
所在地 :東京都台東区台東1-6-1石山ビル5階
設 立 :2005年5月24日
資本金 :2億2,264万円(2006年9月現在)
事業内容 :
■ Web2.0及びAjax関連ソフトウェア製品の開発・販売
■ Web2.0及びAjax関連のコンサルティング・受託開発
■ Web2.0及びAjax関連のレベニューシェア型サービス事業


【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
■株式会社HOWS 広報担当 金子
TEL:03-5818-7667 FAX:03-5818-0421 E-Mail:pr@hows.ws

このプレスリリースの付帯情報

次世代メーラーコンセプトデザイン案

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。