logo

シリウステクノロジーズ、携帯広告「アドローカル」にて電話番号だけで入稿できるサービスを開始

携帯電話向け位置情報連動広告配信サービス「アドローカル」を展開し、同分野のパイオニアである株式会社シリウステクノロジーズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:宮澤 弦、以下「シリウス」)は、アドローカルの機能拡張を行い、携帯サイトを持っていなくても日ごろ使っている電話番号で携帯広告が出稿できるサービスを開始し、広告からクリック一つで電話が掛けられる「Click to Call」(クリック トゥ コール)機能を提供致します。

1.背景
シリウスは、「近くの人に、あなたの広告を!」をコンセプトに、2005年12月に位置情報連動広告AdLocal(アドローカル)を開始、日本全国の事業者が、誰でも、簡単に、自分の商圏だけに日時を指定し広告を配信出来る広告プラットフォームの提供を行っています。また、2007年6月よりアドローカルの入稿インターフェースを一般公開し、誰もが簡単にアカウントを作成して自社の広告を近くの携帯ユーザーに対して出稿できるようにし、広告主の裾野の拡大をして参りました。

2007年現在、世界にはあらゆるジャンルに跨る85億ものWEBページ(注1)が存在し、あらゆる分野の法人・個人が自分のWEBサイトを持ち情報発信をする時代となりましたが、携帯サイトを持っている法人・個人はまだまだ少ないのが現状です。一方で、ローカル広告においては電話番号での広告出稿という形態が広く普及しており、店舗への送客という意味でも最も費用対効果の高い手法の一つです。電話番号での広告入稿機能を実現することにより、「電話をかける」という携帯電話の本来の機能を最大限に活用した携帯広告が可能になります。広告を見た携帯ユーザーは、広告をクリックすると同時に発信画面に遷移しそのまま広告出稿先の店舗に電話をかけることが出来ます(「Click To Call(クリック トゥ コール)」)。当サービスは、1クリック当たり25円以上にて自分で設定した単価に基づく課金制となっており、それ以外の通話料金などは、広告主側には一切かかりません。類似のサービスでは、「Pay per Call(ペイ パー コール)」というサービスがありますが、通話時間分の請求が後から発生するなど、広告主側には予算のコントロールがしづらい部分がある、というデメリットがあります。

AdLocal(アドローカル)は、日本全国、特に地方の中小事業社にとって有効なローカル広告・販促ツールですが、これまでは自社携帯サイトを保有していないため、同サービスを利用したくても、利用できないお客様が多数いらっしゃいました。今回の電話番号だけで携帯広告を入稿できるサービスを提供することにより、今使っている電話番号をそのまま利用して、だれもが低コストで携帯広告を利用したプロモーション活動を行うことができるようになります。今後、適宜機能拡張を行い、より携帯ユーザーに親しまれる使いやすいサービスを目指して参ります。



2.シリウスについて
シリウステクノロジーズは、世界でも例を見ないユーザーの位置情報に応じて携帯サイト上に近店舗のテキスト広告を配信するローカルリスティング広告”AdLocal”をコアとして、位置情報連動のソーシャルネットワークサイトであるアクティボ(Activo)のライセンス販売や、位置情報連動写真共有サービス「モバSHOT!」など、あらゆるロケーションベースサービス(Location Base Service; LBS)を開発・提供しております。
また、公式サイトを中心としたモバイル SEO対策サービスにも力を入れており、お客様の携帯サイトの認知度向上に貢献させて頂いております。

3.会社概要
会社名 株式会社シリウステクノロジーズ(英文社名 Cirius Technologies, Inc.)
設立年月日 2004年5月27日
資本金 436,000,000円
代表 宮澤弦(代表取締役社長)
現住所 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-16-9 渋谷KIビル5F
TEL 03-3498-9300
FAX 03-3498-9341
URL(PC) リンク
E-mail info@cirius.co.jp

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

お問い合わせ先
株式会社シリウステクノロジーズ
広報担当 西野
E-Mail:info@cirius.co.jp

用語解説

(注1)米国の非営利団体Internet Archiveが運営する「WayBack Machine」に収録されているWebページ数。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。