お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「ケータイFlashサービス・ビジネスの最新動向と展望」セミナーを開催

ケータイFlash技術を活用したリッチサイト、電子書籍、マンガ・コミック、写真集など、最新テクノロジーと今後のビジネス展望に迫る!

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)が発足した組織『BizMarketingアカデミー』は、急速な普及速度と技術革新で国内外でモバイル業界で注目されている携帯Flashの現状と最新動向を解説するセミナー「ケータイFlashサービス・ビジネスの最新動向と展望」を開催することを発表しました。

講座は10月31日に開催予定。

報道関係者各位

平成19年10月2日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【10月31日(水)開催】
「ケータイFlashサービス・ビジネスの最新動向と展望」
~ケータイFlash技術を活用したリッチサイト、電子書籍、マンガ・コミック、
 写真集など、最新テクノロジーと今後のビジネス展望に迫る!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)が発足した組織『BizMarketingアカデミー』は、急速な普及速度と技術革新で国内外でモバイル業界で注目されている携帯Flashの現状と最新動向を解説するセミナー「ケータイFlashサービス・ビジネスの最新動向と展望」を開催することを発表しました。

講座は10月31日に開催予定。

詳細ページ: リンク


■■ 講座の概要 ■■

携帯Flash搭載機種の急速な拡大、および携帯Flash技術の進化により、国内外の携帯業界のビジネス・サービスが新しい世代へと移行しようとしています。

アドビ システムズ社は今年2月のリリースで、同社のFlashに対応した世界の携帯端末の累計出荷台数は、2006年1月時点の総数から1年間で300%増加し、2億台を突破したという発表しました。

また、同社によれば、最新バージョン「Adobe Flash Lite 3」ではビデオ、ストリーミングなどモバイルユーザーによりリッチで魅力的なコンテンツが提供できるようになるという発表もあります。
※「Adobe Flash Lite 3」を搭載した携帯端末は年内に登場すると発表されています。

こういった世界的にインパクトのある携帯Flashの急速な普及と技術革新といった背景の中、国内モバイル業界に与えるインパクトはどのようなものになるのでしょうか?

国内では現在、携帯Flashで電子書籍、ゲーム、マンガ・コミックなどの娯楽系コンテンツだけでなく、SNS、チャットなどのコミュニケーションツールも登場しています。

近い将来では携帯FlashとCMSを連動して、オリジナル画像を組み込めるSNS、Shop(ストアー)など次世代携帯Flashサイトの登場も期待されています。

さらに、Flashの豊かな表現力を活かした広告ビジネスの可能性もあり、携帯Flashの進化による新たなビジネスチャンスが注目されることでしょう。

本セミナーでは講師にケータイFlashの最先端技術/サービスの専門家であるディビッド・DC・コリエー氏(Pikkle株式会社 代表取締役社長)と、国内外の最新ITビジネス動向に詳しい本間 真彦氏(コアピープル・パートナーズ 代表)をお招きして、技術/ビジネスの両側面からケータイFlashについて最新動向と今後の展望を事例を交えて解説していただきます。

モバイルコンテンツプロバイダー、モバイルソリューション提供会社、モバイルメディア運営会社、モバイルサイト制作会社など、モバイル業界でご活躍の皆様にお役に立てる内容となっております。


■■ 講座の特徴 ■■

1.携帯Flash技術/サービスの最新動向がわかる
2.携帯Flash技術を活用して可能にする新サービスモデルを紹介
3.携帯Flashの最先端技術/サービスの専門家が解説!
4.携帯Flashがビジネスに与えるインパクトがわかる
5.携帯Flashの今後の展望 可能性に迫る!


■■ こんな方におすすめ ■■

・モバイル(ケータイ)コンテンツプロバイダーの方(ゲーム、アニメ、他CP)
・モバイル(ケータイ)サービスプロバイダーの方
・モバイルメディアをお持ちの方
・モバイルサイト制作会社の方
・モバイルソリューション提供会社の方
・モバイルシステム開発会社の方
・モバイル領域をカバーしている広告代理店の方
・モバイルマーケティング支援会社の方


■■ 講座の内容 ■■

・ケータイFlash 最新事例、demo

・ケータイFlashのビジネスの市場
 電子書籍、ケータイFlashマンガ・コミック、ゲーム、写真集

・ケータイFlashサービス・ビジネスの業界動向

・ケータイFlashを活用した人気の出るサービスとは?

・最新ケータイFlashテクノロジーとサービス・ビジネスの事例

・キャリア対応と端末対応の実態とポイント

・今後のケータイFlash技術とビジネス展望


■■ 講師プロフィール ■■

●講師:本間 真彦(コアピープル・パートナーズ 代表)

略歴:慶応義塾大学商学部卒業後、ジャフコに入社。海外投資事業部にて、ヨーロッパ・イスラエルのITベンチャー企業への投資及び日本進出支援を行う。米国ネットサービスの日本法人立ち上げに参画。その後、アクセンチュアにてベンチャー投資及びアライアンス業務に従事。2003年よりワークス・キャピタルにて、日本・中国・韓国のIT関連ベンチャー企業への投資育成活動を行っている。

●講師:ディビッド・DC・コリエー(Pikkle株式会社  代表取締役社長)

2005年モバイルコンテンツの提供会社であるPikkle株式会社(ピックル)を東京を拠点として設立。代表取締役に就任。

Pikkle社ではゲームデザインを動機とし、ソーシャルコンテンツに適用した新しい形のソーシャルエンターテイメントを作成・研究開発。携帯Flashにおいてはダイナミックなフラッシュページを生み出す為、サーバ側プラットフォームを構築。現在のユニークなモバイル社会の中で、カスタマイズされたフラッシュコンテンツを提供するための研究開発を行っている。

Pikkle社の以前は株式会社ナムコのモバイル海外事業チームのビジネスクリエーターとして東京にて勤務。主に中国市場の展開を担当。その他、ナムコの国際ビジネス展開のためUSおよびヨーロッパの現地担当との交渉を成功させる。

ナムコ入社以前はパケットビデオ株式会社に属しワールドワイドにDoCoMoやT-Mobileといったキャリアとビジネスリレーションを構築。またサンフランシスコにゲームレットという株式会社を立ち上げ[MS,セガ,Sony,ディズニー]などにインターネットゲームを制作。

90年代初頭はロンドンでTripMedia社を立ち上げ、CD-ROMゲームとしてNo.1ヒットを記録した「バーンサイクル」をデザイン、制作。数々の賞に輝き7ヶ国語に翻訳される。このゲームのグロスのセールスは8,500万ドルを記録。また、同氏はデジタルデザインに関する3冊の本の著者でもあり、中でも[Collier's Rules]は数々の大学でテキストとして採用されている。


■■ 開催概要 ■■

◆セミナー名:
「ケータイFlashサービス・ビジネスの最新動向と展望」

◆日時・会場:
 2007年10月31日(水)14:00~16:30 (受付 13:30~)
※セミナー内で、簡単な名刺交換のお時間もございます。

◆主催:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
◆会場:「関東ITソフトウェア健保会館(大久保)会議室」
    東京都新宿区百人町2-27-6
※会場は変更になる可能性がございます。
 万一、変更がある場合は速やかにご連絡させていただきます。

◆受講料:29,800円 (税抜 28,381円+消費税 1,419円)

◆定 員:限定30名

◆お申し込み方法
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、下記ウェブサイトよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

※お申し込みに関する注意点をご了承された上で、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------
・ウェブサイト : リンク
・e-mail    : info@shop.ns-research.jp
・TEL/FAX   : 03-3560-1368 / 03-3560-1330
----------------------------------------------------------
※プレスの方は事前に「 info@shop.ns-research.jp 」までご相談ください。

◆お申し込みに関する注意点

<キャンセルに関して>
・お客様のご都合によりキャンセルされる場合はキャンセル期限までに、下記お問い合わせ窓口までメールと電話でご連絡下さい。
その後のキャンセルについてはお申し受けできませんのでご了承下さい。

・キャンセル期限を過ぎてからお客さまのご都合で講座にご参加頂けなくなった場合やセミナー開催前にご入金をいただけなかった場合も、セミナー受講料は全額お支払い頂く事となりますのでご了承下さい。

ご入金期限/キャンセル期限:2007年10月26日(金)

<ご出席に関して>
※受講料は期日までに弊社指定の口座までご入金下さい。
ご入金確認後、弊社より「受講票」をメールにてお送りいたしますので、開催当日にプリントアウトしてご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」をお持ちでない場合、講座への参加ができないことがあります。ご注意下さい。

<開催中止の場合に関して>
※講座の参加人数が規定の数に達しなかった場合、講座は中止となります。その際は、お支払いいただいた受講料は返金いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

◆セミナーにご持参頂くもの
・受講票
・筆記用具


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11 新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:鈴木
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。