お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

脳トレしながら学習できる初のソフト「アッという間に耳から合格+資格脳を創る!」発売

 脳トレーニングと学習法が合体したソフトが、初めて誕生しました。それは、合格率69.2%(※1)の実績を持つ資格ソフトから進化したものです。本シリーズに搭載された「速耳学習法」は、倍速音声を聴き取る訓練を繰り返して、潜在聴力を覚醒させ、脳の情報吸収力を強化する、他に類を見ない勉強法です。また、ケータイ・iPodへ音声ファイルとテキストを転送し、どこでも学習できる機能を備えています。


 株式会社メディアファイブ(※2)は、平成19年10月5日、「アッという間に耳から合格+資格脳を創る!」シリーズ(略称:耳脳シリーズ、税抜標準価格3,500円)10タイトルを発売します。
 限りなく人間の声に近い、最高度の音声読上げ「速耳エンジン」の採用により、初めて、読上げ速度を自由にコントロールして耳から学習できる「速耳学習法」が実現しました。さらに、遊び感覚で集中力を高める様々な脳トレ法も搭載。また、iPodやケータイに読上げた音声ファイルとテキストを転送し、通勤・通学途中、喫茶店など、場所を選ばず学べるソフトです。
 印刷機能付。法改正や過去問など安心の最新データ6ヶ月間無料保証。
(※1:当社ユーザー・アンケートの集計による)
(※2:BCNランキング教育・学習ソフト分野、2007年4月度~8月度第1位、売上金額により当社にて集計)

ビックカメラ有楽町店本館4FPCソフト売場にて、発売記念イベントを行います。日時:10/5(金)~7(日)午後2時~8時

<脳幹直撃!「速耳エンジン」>
 本ソフト搭載の「音声読上げエンジン」は、 もともと医療・福祉用に開発されたシステムです。視力より聴力が優れた人々には、3倍速でも普通に聴き取れる驚異的な解析力が備わっていると言われています。つまり、速耳訓練により眠れる潜在能力を開発すれば、学習力が飛躍的に高まります。また、最新の研究によれば、人類の祖先であるほ乳類の進化の過程でも聴覚が極めて重要な働きをした、とされ、母親の胎内では赤ちゃんが音に敏感に反応することもよく知られています。そのように、脳内の深い部分・深層意識の領域では、聴覚が非常に大切な役割を果たしているのです。

<速耳学習法>
 「速耳」という音声聴取り訓練法は、脳を深い部分から活性化させ、記憶力・集中力を飛躍的に高める学習法です。本ソフトでは、「基本・初級・中級・上級・達人・天才・仙人」の7段階のレベル設定で、読上げ速度を自在に調節できます。基本レベルからスタートし、初級・中級と段階的に「速耳」をマスターしながら、資格試験の教科書が学べるのです。飽きずに続ける段階的訓練によって、眠れる力が甦ります!「理解度判定穴埋め問題」がついているので、「速耳」の進捗度も自分で確認できます。

<音声読み上げ機能を高く評価したユーザー様の声>
〔会社員、男性、40歳〕
★福祉住環境コーディネーター検定試験2級合格
 市販のテキストでは読めない漢字の連続で、ドンドン読むのがイヤになっていた頃、書店でこのソフトを見つけ、すぐに購入しました。本当に、耳から入る情報は、読んで入る情報とは違い、満足しております。
〔主婦、女性、31歳〕
★FP技能検定試験3級合格
 テキストが音声読上げ機能で聴けて、苦手な分野の初めての学習も効果的に取り組めた。 貴社ソフトで勉強しなかったら、こんなにスムーズに理解できなかったと思う。
(上記のお二人は以前の読上げエンジンをお使いの方で、それに比べて本商品では、声の質と読上げ精度が飛躍的に向上しております。)

【商品概要】
シリーズ名:「media5 アッという間に耳から合格+資格脳を創る! 6ヶ月保証版」
宅建試験、行政書士試験、初級シスアド試験、情報セキュリティーアドミニストレータ試験、FP技能検定試験2級、FP技能検定試験3級、経営戦略、マーケティング、財務会計、財務管理
など全10タイトル

ジャンル:PCソフト(資格)
発売日:平成19年10月5日
標準価格:3,500円 (税込 3,675円)
商品情報:リンク

動作環境:
■Intel Pentium III またはそれ以上の互換CPU(600MHz以上)
■CD-ROMドライブ
■Windows互換のサウンドカード
■Windows Vista/ XP/ 2000 (日本語版)管理者権限でご使用下さい
■解像度1024×768、16ビット以上を表示可能なカラーモニタ
■メモリ256MB以上(512MB以上推奨)
■950MB以上のハードディスクドライブの空き容量が必要
■インターネットに接続できる環境(ブロードバンド環境推奨)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。