logo

日本初! 漫画レビュー買取サイト「ほんのきもち」本格オープン

―――買取った漫画レビューをPOPに加工。漫画喫茶の売上増を支援する新ビジネス――― 「ほんのきもち」アドレス  http://honnokimochi.com

書籍の複合流通を行う株式会社春うららかな書房(本社 福井・東京、代表取締役 道下昌亮)は、漫画本のレビューをネット上でユーザーから買取るサイト「ほんのきもち」を8月6日より本格オープンさせます。正式な漫画レビューの買取も同日から開始いたします。

【漫画本流通の新しいビジネスモデル】

買取は次のように行います。「ほんのきもち」に登録する会員がレビューを投稿すると、事務局で審査し48時間以内に買取るかどうかの決定をします。買取が決定したレビュー書込み者に対しては、1レビューにつき500円のクオカードを郵送いたします(買取レートについては今後変動する場合もあります)。

販売は次のように行います。買取られた漫画本のレビューは、まとまった段階で春うららかな書房によりPOPに加工されます。該当する漫画本を取り扱う、全国の漫画喫茶、コミックレンタル店に対し、POPを販売いたします。現在、新しいデザインのPOPを開発中のため、販売価格は現在未定です。

【このビジネスモデルは誰に役立つか】
漫画喫茶・コミックレンタル店への来店者の読書の興味範囲をPOPで広げることで、最終的には、漫画喫茶・コミックレンタル店の売上増を支援することを目的としています。
多くの漫画喫茶・コミックレンタル店の従業員は接客におわれ忙しく、また、漫画の発刊タイトル数が多すぎるためアルバイト従業員も漫画本の内容をすべて知っているわけではないため(注1参照)、POPが書けません。そのため、当社が代わりに漫画本紹介のPOPを作成することで、来店者により幅広い読書体験情報を提供できるようになればと考えたことがきっかけです(注2参照)。

【今後の目標】
5年後、「ほんのきもち」登録会員数を5万人にし、書き込まれるレビュー数を150万の規模にすることが目標です。

_____________________________________________
【株式会社 春うららかな書房 会社概要】
主な事業内容: 新刊書・古書を組み合わせた独自の書籍複合流通を、漫画喫茶等に展開。
創業   : 1985年3月
代表取締役 : 道下昌亮(ミチシタ マサアキ)
本社所在地 : 福井/福井県福井市上中町49-1  東京本社/東京都千代田区銀座8-10-8
資本金   : 5800万円
売上高   : 14億円(2007年3月)
会社URL : リンク
_____________________________________________
■ 報道ご担当者様向け 画像ダウンロードURL■
報道ご担当者様専用に、会員制サイトの各画面の様子をご覧いただけるURLをご用意いたしました。こちらから「ほんのきもち」の各画面や代表者の顔写真などをダウンロードいただけます。
リンク

【本件プレスリリースに関するお問合せ先】 株式会社春うららかな書房 担当/原 生(はらしょう) 電話/03-3569-0552 e-mail/pr@uraraka.co.jp 〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-8-9F

このプレスリリースの付帯情報

ほんのきもち会員トップページ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■(注1)漫画本流通の現状■
日本では現在約15万タイトルの漫画本が流通しています。うち、一般的な規模の漫画喫茶、コミックレンタル店には1店舗に約2万冊が蔵書されています。しかし当社独自の調査によれば、このなかでよく手にとられて読まれている漫画本はたった1千タイトルにすぎません。
読者が「膨大な自分がまだ知らない漫画本の中から、自分の好みの漫画本を探す」のはとても難しい現状で、結果、内容が優れているにもかかわらず埋もれたままの作品が多くあります。

■(注2)どうしてPOPか?■
 当社独自のコミックレンタル店での調査によれば、POPを店内に置いた場合は、置かない場合に比べ約10%の売上増がありました。
この調査結果から、「自分がまだ知らない漫画本のなかから、自分好みの漫画本を探す」来店者がPOPの設置により増えると見込まれます。これにより、漫画レビューPOPを設置する漫画喫茶店やコミックレンタル店の売上増への貢献が見込めます。

■「ほんのきもち」の利用の仕方■
 「ほんのきもち」ご利用には会員登録が必要です。次のトップページログイン画面から新規会員登録を行ってください。自動手続きで、すぐにサイトへログインできます。 リンク

■「ほんのきもち」のサイト紹介■
SNS機能を利用したサイト構成となっており、「本を選ぶ感性」が似た人とのコミュニケーションが可能です。他の読者のレビューやお気に入りの漫画などを参照して好みの本を探したり、幅広いジャンルの漫画への興味を広げることが出来る仕組みになっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。