logo

「'08 光ディスク市場の実態と将来展望」を販売開始

光ディスクメディアおよび関連市場の現状と展望を徹底分析

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年08月09日 09時00分

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'08 光ディスク市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年8月9日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「'08 光ディスク市場の実態と将来展望」を販売開始

~光ディスクメディアおよび関連市場の現状と展望を徹底分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'08 光ディスク市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

次世代DVD機器の市場が活況を呈しています。ブルーレイディスク(BD)、HDDVD両陣営から本格的な普及拡大へ向けてレコーダー、プレーヤーの発売が相次いでいますが、完成品メーカーの勢力争いの一方で、半導体レーザーの技術基準をめぐる攻防戦も加熱化しています。

シャープが投入した210mW出力の青紫半導体レーザーは量産品では業界最高レベル。青紫色レーザー市場での勢力図を図る指標は、書き込み速度に直結する高出力化技術と生産に伴うコスト競争力といわれます。シャ-プは320mW品の開発を発表した業界トップの日亜化学工業の牙城に切り込み、世界シェアの4割を獲得する意向を示しています。

ソニー白石セミコンダクタも生産能力を増強、シェア2割強の三菱電機も量産を計画しており、現在ソニー、日亜対シャープとの2極体制となっている半導体レーザーの勢力構図にも変化の兆しが見え始めました。DVDメーカーの生産再編も急ピッチで進んでいます。TDKはTDKブランドの記録メディア事業を米国のイメーション社へ譲渡、今後は研究開発と製造に特化、収益性の見込める次世代メディア分野の強化を表明しました。

日立マクセルは現行DVDの生産を海外のパートナーメーカーへ委託、生産拠点を移管し、国内事業所は次世代DVDやDVD先端製品の開発生産に注力、光メディアの中枢機能としての役割を担うことになります。

さらに、次世代向け色素分野の開発も活発化しており、富士フイルムはBD-R、HDDVDの両次世代DVD向け色素の開発を強化、2008年までに両方式向けの供給体制を構築する方針です。特に高速記録タイプでのデファクト化を目指していきます。

三菱化学メディアは有機系色素材料を使用した追記型BD-Rを開発、量産体制に入ります。

地上デジタル放送完全移行化に向けて、次世代光ディスク市場構築も着実に進んでいます。

本資料では、最新の情報を網羅し、関連市場の動向とともに関連部品・材料や射出成形機などの市場動向についても掲載解析を行ない内容の一層の充実を図りました。


■■ 資料目次 ■■

第I章 次世代光ディスクの動向
 1.次世代光ディスクの関連市場の動向
 2.次世代光ディスクの製品動向(2007~11年度)
  1) ソニー 株式会社
  2) TDK 株式会社
  3) 日立マクセル 株式会社
  4) 富士フイルム 株式会社 
  5) 三菱化学メディア 株式会社
 3.青紫色半導体レーザーの開発動向
  1) 三洋電機 株式会社
  2) シャープ 株式会社
  3) ソニー 株式会社
  4) 日亜化学工業 株式会社 
 4.ホログラム光ディスク関連の市場動向
  1) 旭硝子 株式会社
  2) 新日鐵化学 株式会社
 5.ブルーレイディスク世界市場長期推移予測(2006~2017年度)
 6.HD DVD世界市場長期推移予測(2006~2018年度)
 7.次世代ディスクドライブ(BDおよびHD DVD)世界市場長期予測
   (2007~2018年)

第II章 現行光ディスクの市場
 1.実態調査による市場概況
  (1) 現行光ディスク市場
  (2) 主要メーカー別の動向(2006~2010年度)
 2.光ディスク別出荷集計(2006~2010年度)
  1) CD-Rディスク世界出荷枚数/シェア
  2) CD-RWディスク世界出荷枚数/シェア
  3) DVD-R/+Rディスク世界出荷枚数/シェア
  4) DVD-RW/+ RW/ DVD-RAMディスク世界出荷枚数/シェア
 3.光ディスク市場長期推移予測(2006~17年度)
 4.光ドライブ市場長期推移予測(2006~10年度)
  《参考》光ディスク国内生産量、世界地域別需要予測

第III章 関連部品材料及び技術開発の動向
 1.ポリカーボネート樹脂関連市場の動向
  (1) ポリカーボネート樹脂の世界需要
  (2) ポリカーボネート樹脂関連企業の動向
    1) 旭硝子 株式会社
    2) 出光興産 株式会社
    3) タキロン 株式会社
    4) 筒中プラスチック工業 株式会社
    5) 帝人化成 株式会社
    6) バイエルマテリアルサイエンス社
    7) 三菱エンジニアリングプラスチックス 株式会社
  ●ポリカーボネート樹脂の世界需要長期予測(2006~2018年)
 2.光ピックアップ関連企業の動向
  1) アルプス電気 株式会社
  2) コニカミノルタオプト 株式会社
  3) 日本電産サンキョー 株式会社
  4) 日立マクセル 株式会社
  ●光ピックアップ世界出荷台数需要予測(2006~2018年)
  《参考》PPS樹脂世界生産量推移予測(2006~2014年)
 3.光ディスク用表面保護・接着材料関連企業の動向
  1) サンライズMSI 株式会社
  2) ソニーケミカル&インフォメーションデバイス 株式会社
  3) 大日本インキ化学工業 株式会社
  4) 日本化薬 株式会社 
  5) 三菱瓦斯化学 株式会社
  ●光ディスク用表面保護・接着材料世界生産量長期推移予測
   (2006~2018年)
 4.集積回路(LSI含む)関連企業の動向
  1) NECエレクトロニクス 株式会社
  2) 株式会社 ルネサステクノロジ
  3) ローム 株式会社
 5.主要研究機関における光ディスク関連技術開発動向
  (中央大学/東京大学/島根大学.東京工業大学/
   豊橋技術大学/台湾工研院/静岡大学/東京農工大学)
 6.その他関連部品材料及び技術開発の動向
  1) シチズン時計 株式会社
  2) 芝浦メカトロトロニクス 株式会社
  3) ノア・テクノロジーズ 株式会社
  4) 日立電線 株式会社
  5) ヒロセ電機 株式会社
  6) 株式会社 富士フイルムメディアクレスト
  7) 三井化学 株式会社
  8) 株式会社 目黒電波測器

第IV章 関連市場の動向と展望
 1.DVDレコーダー/プレーヤー市場の動向と分析
  (1) 市場の現状と展望
  (2) DVDレコーダー関連企業の動向
    1) シャープ 株式会社
    2) ソニー 株式会社
    3) 株式会社 東芝
    4) パイオニア 株式会社
    5) 株式会社 日立製作所
    6) 松下電器産業 株式会社
    7) 三菱電機 株式会社
    8) ヤマハ 株式会社
    9) 船井電機 株式会社
    10) バッファロー 株式会社
  ●DVDレコーダー世界需要長期推移予測(2006~2017年)
  ●BDレコーダー世界需要長期推移予測(2006~2017年)
  ●DVDレコーダー国内メーカーシェア予測(2007~2010年)
  ●DVDソフトの売上げ予測(2006~2013年)
 2.DVDビデオカメラ市場の動向と分析
  1) キヤノン 株式会社
  2) ソニー 株式会社
  3) 日本ポラロイド 株式会社
  4) 株式会社 日立製作所
  5) 松下電器産業 株式会社
  ●DVDビデオカメラの世界需要予測(2006~2015年)
 3.小型メモリーカード関連市場の動向
  1) 株式会社 東芝
  2) ソニー 株式会社
  3) サンディスク 株式会社
  ●小型メモリーカード世界需要予測(2006~2015年)
  ●DVDオーディオプレイヤー世界需要予測(2006~2015年)
  ●SACD世界需要予測(2006~2015年)

第V章 メーカーの動向と展望
 1.光ディスク主要メーカー
  1) 太陽誘電 株式会社
  2) TDK 株式会社
  3) 日本ビクター 株式会社
  4) 日立マクセル 株式会社
  5) 松下電器産業 株式会社
  6) 三菱化学メディア 株式会社
  7) リコー 株式会社
 2.光ドライブメーカー
  1) シナノケンシ 株式会社
  2) 日立エルジーデータストレージ 株式会社
  3) 松下電器産業 株式会社
 3.射出成形機関連メーカー
  1) 住友重機械工業 株式会社
  2) 東芝機械 株式会社
  3) 東洋機械金属 株式会社
  4) 日精樹脂工業 株式会社
  5) 株式会社 日本製鋼所
  ●射出成形機出荷台数推移予測(2006~2015年、国内および輸出)
  ●射出成形機出荷台数メーカーシェア予測(2007~2010年)


■■ 概要 ■■

商 品 名:'08 光ディスク市場の実態と将来展望
発 刊 日:2007年6月22日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:B5判・230貢
価   格:
     68,000円(本体価格64.761円+消費税3,239円)別途税込送料500円

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。