お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米国フォワードコンセプト社、携帯電話と組み込まれるチップ市場に関する非常に幅広く深くわかりやすい調査レポートを出版

米国の調査会社フォワードコンセプト社が、携帯電話ベンダのトップ37社の業績や2006年のシェア、そして端末や加入者、全タイプのチップに関して行った、技術/地域毎の2011年までの予測を掲載した調査レポートを発表した。

米国の調査会社フォワードコンセプト社は、世界の携帯電話市場と、携帯電話市場に組み込まれるほとんどすべてのチップ市場に関して深く洞察する調査レポートを出版した。この新しい370ページの調査レポート「携帯電話と端末用チップ市場 2007年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析 - CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS'07: An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers」は、ハンドセットベンダのトップ37社の業績と、2006年のシェアを記載している。2011年までの、端末や加入者、全タイプのチップに関して、技術毎、地域毎の多くの予測を掲載している。

さらに、GSM、GPRS、EDGE、CDMA2000 1xEV、1xEVWCDMA、WEDGE、HSDPA、PHS/PDC/iDEN/TDMAなどの無線技術毎の、携帯端末ベンダの市場シェアを算出し、超低価格帯携帯電話の無線技術毎の予測もおこなっている。また、チップタイプ毎、無線応用技術のチップベンダの市場シェアも算定している。

調査レポートは主に市場メトリクスを提供するが、下記についても調査した。
■ 欧州は、2007年、WCDMAの最も急速に成長する市場となるだろう
■ 3G の大きな期待にもかかわらず、EDGE市場は成長し続けるだろう
■ WEDGEは3G市場を支配し始めるだろう、3Gネットワークがあまり普及していないところではEDGEサービスを供給できる
■ 携帯電話向けのカメラ市場は、急速に2メガピクセルに移行している
■ 音声通信だけの安価な、または超低価格帯の携帯電話への需要は、今後3年間は市場の大きな部分を占めるだろう
■ 今後5年間、WLAN、ブルートゥース、GPS、FMラジオ、モバイルテレビを実現するマルチモードの携帯電話市場の無線関連チップがめざましく発展するだろう
■ モバイルテレビの規格が世界で統一されておらず、多標準対応のモバイルテレビ受像機向けチップセットへの需要が大きく高まるだろう
■ QualcommのMediaFLOは、米国のモバイルテレビの初期市場を独占した
■ モバイルテレビの急速な成長により、HDTVアスペクト比のLCDディスプレイは急成長するだろう
■ モバイルテレビ放送の登場にもかかわらず、3Gの発売によってネットワーク上のビデオストリーミングは成長し続ける

調査レポートの主筆であるCarter L. Horney氏は、「携帯電話は、物理的にも市場牽引力からみても、デジタルカメラ、PDA、MP3プレーヤー、GPSナビゲータ、ブルートゥース、FMラジオ、デジタルテレビ、コードレス電話、スマートカードの機能をひきつけており、急速にそれぞれの市場を独占するだろう。これらの機能を持つスタンドアロン製品のメーカーは、その市場が携帯電話によってどのように影響されるかを理解する必要がある」と述べている。

この調査レポートは、これらのそれぞれの機能の市場力学を探り、チッププロバイダのプロフィールとシェアを記載している。デジタルベースバンド、RFトランシーバー、PA、アプリケーションプロセッサ、グラフィックス、その他のコプロセッサ、イメージャ、メモリなどほとんどすべての携帯電話市場と、新しく携帯電話に搭載される機能に関するチップなどの半導体市場予測を行っている。

フォワードコンセプト社のWill Strauss氏は、「Texas InstrumentsとQualcommは携帯電話向けチップの市場を支配し続けるが、携帯電話に付加される新しい機能を提供するチップのベンダには市場シェアを獲得するビジネスチャンスがある」と語った。


[調査レポート]
携帯電話と端末用チップ市場 2007年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析
CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS'07
An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers
リンク

フォワードコンセプト社 (Forward Concepts) について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。