logo

GeForce8600GTグラフィックスチップ搭載!HDCP対応!! 新デザインのGIGABYTE独自冷却機能技術SilentPipe2搭載 ファンレス設計グラフィックカード GV-NX86T256H発売 ~システム安定性の向上、動作寿命アップ!耐久固体コンデンサ採用!!~

GIGABYTE正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル
(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島 義之)は、
GeForce8600GTグラフィックスチップ、新デザインのGIGABYTE
独自冷却技術SilentPipe2搭載グラフィックカードGV-NX86T256H
を2007年6月30日より、全国のPCパーツ専門店にて発売開始いた
します。

GV-NX86T256Hは、NVIDIA GeForce8600GTグラフィックス
チップと高速なDDR3メモリを搭載したグラフィックカードです。
シェーダ処理の負荷に合わせて動的にVertexShader用、
PixelShader用にシェーダユニットを割り当てる統合型シェーダ
ユニットを32個実装しています。マルチスレッドアーキテクチャーに
より頂点演算や物理演算、ピクセルシェーダ処理が大幅に向上
いたしました。Direct X10、OpenGL 2.0をサポートいたします。

GIGABYTE独自冷却技術SilentPipe2のデザインが新しくなり
ました。基盤からはみ出すほど大きい黒いヒートシンク、内部
には銅製のヒートパイプが通っているのを確認できます。コア上
に銅製のヒートパイプを置くことにより左右に熱移動を行い、コア
の熱をヒートシンク全体に効率よく拡散し冷却いたします。ファン
が付いていないのでノイズを限りなくカットします。騒音や振動
のない静音重視のPC構築に最適です。ファンレスでありながら
グラフィックカードの厚みが1スロットに収まるのも特徴です。

電流の抵抗値が少ない低発熱な低(on)MOSFFT、エネルギー
損失の少ない高効率なフェライトコア(コイル)、耐久性に優れた
日本メーカ製の耐久固体コンデンサの採用により、発熱を抑え、
エネルギー損失を低減し、コンデンサの寿命を6倍以上向上いた
しました。低発熱で高効率、優れた耐久性を実現したグラフィック
カードになります。

PCI-Expressの広帯域幅をフル活用し高いパフォーマンスと
描画速度を発揮するNVIDIA SLIテクノロジ、いくつものウィン
ドウを同時に表示させたい場合に便利なマルチディスプレイ技術、
最高で毎秒330メガピクセルの画像データ伝送可能なデュアル
リンクDVIに対応いたします。

他にはデジタルコンテンツの不正コピー防止を目的とする著作権
保護機能HDCP(High-bandwidth Digital Content
Protection system)サポートしています。伝送中のコンテンツ
漏えいを防ぐため、次世代映像コンテンツを再生するためには
欠かせない技術となります。有害物質の使用を制限した、RoHS
指令にも適合している環境に優しい製品です。

主な出力インターフェースは、デュアルリンクDVI-I×2、
TV-OUT(HDTV出力対応)、D-Sub出力、S-Video出力、コン
ポーネント出力、搭載メモリはDDR3/256MB、コアクロック
540MHz、メモリクロック1.4GHz、メモリバス128bit、
スロット形式はPCI-Express×16になります同梱の付属品は、
DVI→Dsub変換アダプタ×2、HDTVケーブル×1、ドライバCD
が付属[※1]します。PCBフォームはATX、PCBサイズは
177.8mm×111mmです。

[※1] 2007年6月29日現在の付属品となります。付属品は
予告なく変更される可能性があります。


■GV-NX86T256H 製品特徴
・GeForce8600GTグラフィックスチップ搭載
・新デザインのSilentPipe2を搭載
・低発熱-低RDS(on)MOSFET採用
・長寿命-耐久性固体コンデンサ対応
・高効率-フェライトコア(コイル)採用
・高いシステム性能を発揮するPCI-Express搭載
・著作権保護機能HDCPに対応
・デュアルリンクDVIに対応
・マルチディスプレイ技術対応
・高精細映像を映し出すNVIDIA PureVideo対応
・描画速度を向上するNVIDIA SLIテクノロジ対応
・RoHS指令に適合!環境に優しい製品です


■より詳しい情報はこちらからご確認ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

GV-NX86T256H

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事