logo

【MEDiA】株式会社メディア、携帯電話による個人情報漏えいを防ぐ新サービス 「M2Free(MEDiA Mobile Free)」を7月より提供開始

「MEDiA Mobile Free(M2Free)」は、携帯電話による個人情報の漏えいを防ぐサービスです。発信者と受信者は互いに専用サーバを経由して通話するため、携帯電話機の電話帳や発着信履歴に個人情報を残しません。

高品質なIP電話サービスを提供する株式会社メディア(本社:東京都港区、代表取締役社長:武林 聡)は、MEDiA IP Phoneのラインナップに、携帯電話における個人情報漏えい防止セキュリティサービス「MEDiA Mobile Free(M2Free)」を加え、2007年7月1日よりサービス提供を開始いたします。
新サービス紹介のため、2007年7月19日にメディア本社デモルームにてセミナーを開催いたします。

○「M2Free」のサービス概要はこちら○
リンク
○7月19日(木)M2Free紹介セミナーを開催!○
リンク


■M2Free概要

これまで、携帯電話のビジネス利用では、顧客や取引先の個人情報を携帯電話に登録していたため、紛失や盗難による個人情報の漏えいが問題視されていました。本サービスは、宅内に設置する専用サーバに個人情報を登録し、相手先との発着信を専用サーバ経由で行なうため、携帯電話の電話帳や発着信履歴にお客様の連絡先が一切残りません。

また、1台の携帯電話を用いて会社の電話番号を用いた発着信を実現することにより、社員個人の携帯電話と会社から支給された携帯電話といったように複数の携帯電話を運用する業務コストを削減します。さらにメディアが提供する着信課金サービス「フリーナンバー」を併用することで、私用の通話と業務での通話を明確に分離し、経理総務部門を面倒な通話料金の経費清算業務から開放します。


■M2Free利用方法

宅内に専用サーバを設置し、あらかじめ社員の携帯電話および通話先の電話番号を登録します。サービス利用時は、携帯電話から指定のサービス番号をダイヤルし、取引先を特定する顧客コードを入力することで取引先に発信します。取引先には携帯電話の番号ではなく、専用サーバに登録してある携帯電話に対応する番号(050番号)が通知されます。 携帯電話から発信する先は自社の専用サーバであり、専用サーバで顧客コードから電話番号に変換して発信するため、携帯電話には取引先情報の履歴が残らず、個人の携帯電話番号が通知されることを防ぎます。

法人向けVOIPサービス市場において、セキュリティ対策へのニーズは日々高まっています。
メディアは今後とも常に革新的な技術を幅広く取り入れ、お客様の課題解決を提案してゆきます。

○「M2Free」の利用イメージはこちら○
リンク



■新サービス紹介セミナー7/19開催
メディアが提供するIPソリューションの活用事例を新サービスのデモンストレーションを交えてご紹介します。
_______________________________
 日 時 : 2007年7月19日(木) 16:00~17:30 (受付開始15:40~)
 場 所 : 株式会社メディア デモルーム
       東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館12階
 定 員 : 15名(先着順となります。お早めに参加のご連絡をお願いいたします。)
 費 用 : 無料
 主 催 : 株式会社メディア
 詳細とお申込み : リンク
_______________________________


■株式会社メディアについて
株式会社メディアは、中堅・中小企業様の成長をサポートすることを使命としています。「MEDiA IP PHONE」 を始めとするコミュニケーションツールの提供を通じて、お客様のコミュニケーションの活性化、強いては、お客様のビジネスの発展に寄与します。常にお客様の視点に立ち、その真のパートナーとして事業を展開していきます。
リンク


■MEDiA IP PHONEのサービス概要と特長

「MEDiA IP PHONE」は、従来の通信キャリアのサービスとは一線を画し、回線のみでなく端末・アプリケーションも含めたトータル・ソリューションを顧客に提供します。


<特長1 : データと音声のIPネットワークへの統合>
MEDiA IP PHONEは、オフィス環境におけるデータ通信と音声通信をIPネットワークへ統合します。この結果、新たなコミュニケーション・スタイルの提供と、大幅な通信コストの削減を実現します。


<特長2 : 業界最安値の料金システムによる通話料の削減>
日本国内の全通話における「75%」が「2分以内」であり、ビジネスに限定すると「81%が2分以内」と言われています。MEDiA IP PHONEは、全国一律「2分5.4円」という独自の料金システムにより、3分間ごとの通話料金システムによる無駄を省きます。


<特長3 : クリアな音質>
MEDiA IP PHONEは、総務省の厳しい音質基準をクリアしているので、現在基準をクリアしているので、現在利用中の電話番号をそのままIP電話にも利用できます。また、「050」から始まる番号ではなく、通常の市外局番から始まる番号を新規に取得することも可能です。


<特長4 : 障害に強いIP電話>
独自の障害時転送サービスにより、万が一IPネットワークに障害が発生した場合でも、NTT回線経由での発着信が可能です。障害に強いIP電話がお客様のビジネスの継続をサポートいたします。


○MEDiA IP PHONEの詳細はこちら○
リンク


所在地       :東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館12階
代表取締役社長 :武林 聡
資本金       :12億2,400万円
設 立        :平成12年12月15日
事業登録      :全部認定事業者(旧第一種電気通信事業免許 平成13年3月21日 取得済)   
事業内容      :電気通信事業及び付帯する事業
URL         :リンク



■本件に関するお問合せ先
株式会社メディア
担当:営業企画室 滝澤
TEL:03-4400-6100
FAX:03-4400-6199
MAIL:marketing@mediakk.com

関連情報
http://www.mediakk.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事